志摩マリンランドのお勧めはマンボウと生きた化石!割引やアクセス方法は?



Sponsored Link

 

伊勢志摩サミットが開催される志摩市賢島の中にある人気の水族館が志摩マリンランドです。

 

この水族館は、いきなり地面にヒレが突き刺さったマンボウのモニュメントが迎えてくれます。

 

そのマンボウの展示がウリで、のんびりと水槽の中を泳ぐとマンボウと生きた化石たちがお勧めです。

 

サミット開催で俄然注目の高まる賢島の志摩マリンランドへのアクセス方法や、ちょっとお得に入館できる割引情報などをまとめてお届けしてみたいと思います。

 

 

志摩マリンランドの人気者マンボウ!

志摩マリンランド

画像引用元:http://utusemibiyori.com/blog-entry-845.html

 

2016年5月に開催される伊勢志摩サミットによって注目を集めている志摩市の賢島(かしこじま)ですが、この島内最大の観光スポットと言ってもいいのが志摩マリンランドという水族館です。

 

そして志摩マリンランドのキャッチフレーズが「マンボウの泳ぐ水族館」

 

ですから志摩マリンランドのイチオシのお勧めはやはりマンボウです^^

 

中には体長3mを超える巨体に育つマンボウもいるようですが、その大きな体で水槽内を悠々と泳ぐ姿に「海ののんき者」とも呼ばれているそうで、子供だけでなく大人の人にも人気者です。

志摩マリンランドのマンボウ

画像引用元:http://hotmenu.jp/?p=10965

 

伊勢志摩には鳥羽市の鳥羽水族館を始め、伊勢市の二見シーパラダイスなど数多くの水族館があり、水族館激戦区とも呼ばれていますが、それでもわざわざこのマンボウを見るために多くのお客さんが来館されるほどの人気で、お勧めNo.1の展示魚です。

 

当然、志摩マリンランドもこのマンボウには特に力を入れているようで、この程志摩マリンランドの駐車場の入口横に新たにマンボウのモニュメントが完成しました^^

 

このマンボウ君はFRP製で、縦横ともに3.3mもありますが、実はこの大きさは実際に日本で捕獲されたことのある最大級のマンボウと同じ大きさだそうです(驚)

 

ですから海ののんき者とは言え、間近で見ると大迫力ですよ^^

 

このシンボルモニュメントのマンボウ君は、ちょうど腹ビレが支柱の役目になっていて、地面に突き刺さる形で固定されているところがちょっと笑っちゃいます(笑)

マンボウモニュメント

画像引用元:http://guide.travel.co.jp/article/16645/

 

でもやっぱり実際に水槽内で泳いでいる、どこかとぼけた愛嬌のある本物のマンボウがお薦めです^^

 

【関連記事】

夫婦岩のアクセス方法と無料駐車場は?二見シーパラダイスの割引情報

 

 

志摩マリンランドのもう一つのお勧めは生きた化石たち!

志摩マリンランドのオウムガイ

画像引用元:http://xanagox.blog98.fc2.com/blog-entry-5.html

 

志摩マリンランドの人気者はマンボウ以外にもう一つ、フンボルトペンギンがお勧めです。

 

このペンギンくんたちは館内入口前のペンギンプールでもお出迎えしてくれていて、唯一入館前に観ることの出来る展示物です。

志摩マリンランドのペンギン

画像引用元:http://find-travel.jp/article/5013

 

とっても愛嬌のあるフンボルトペンギンはもちろんお勧めなんですが、ミエオが是非あなたにお勧めしたいのが生きた化石と呼ばれる生き物たちです。

 

志摩マリンランドには約500種類、8,000匹の生き物が飼育・展示されていますが、その中には他ではちょっと見られないような生きた化石と呼ばれる生き物ばかりを集めた「古代水族館」があります。

 

志摩マリンランドのイチオシはもちろんマンボウなんですが、実は志摩マリンランドの建物を上空から見るとアンモナイトの螺旋状をイメージした造りになっています。

 

このことからも志摩マリンランドが古代の生き物の展示にも力を入れていることがよく分かります^^

 

古代水族館のコーナーではオウムガイなどの定番の古代生物から、ガーパイクといった珍しい(全部珍しいんですが(笑))魚などが多数展示され、それと平行して太古のその生き物の化石なども展示されています。

志摩マリンランドの生きた化石

画像引用元:http://blog.goo.ne.jp/who-is-liena/m/201407

 

そのため地球46億年の生命の進化についても勉強できて、小学生の夏休みの自由研究などにもピッタリです!

 

少しずつ春めいて気温も高くなってきたので、春休みにはお子さんと一緒に志摩マリンランドにお出掛けになり、あなたも太古のロマンに触れてみてはいかがですか^^

 

【関連記事】

鳥羽水族館はジュゴンがおすすめ!お土産と割引にアクセス方法は?

 

 

志摩マリンランドへのアクセス方法や入館割引情報など!

Sponsored Link

 

ではここまでのミエオの記事をお読みいただいて、それじゃあちょっと出掛けてみようかと思っていただいたあなたに、実際に志摩マリンランドへ行くためのアクセス方法や、少しでもお安くお得に入館するための割引情報などをお伝えしていきます。

 

まず最初にアクセス方法ですが、実は志摩マリンランドは私鉄大手の近鉄のグループ企業です。

 

立地としても近鉄賢島駅から徒歩約4分と電車でのアクセスがお薦めです。

 

近鉄賢島駅は近鉄志摩線の終点の駅なので、小春日和の陽気についウトウトしてしまっても、寝過ごして乗り越してしまう心配もありませんからね(笑)

 

でもやっぱり途中いろいろと観光地を回りたいので車のほうが便利でいいや!というあなたは、伊勢自動車道の伊勢ICに直結した県道37号線を直進すると、有料道路の伊勢二見鳥羽ラインに入ります。

 

この伊勢二見鳥羽ラインの途中にある松下JCTで降りて、国道167号線を志摩市の方へ進んでいただくと、この国道167号線の終点が賢島です^^

 

もしくは伊勢二見鳥羽ラインでそのまま鳥羽市まで抜けていただき、国道42号線を経由してパールロードシーサイドラインを通って志摩市にお出掛けいただくと、海をご覧になりながらの爽快なドライブが楽しめます。

 

但し、運転手の方は脇見運転は厳禁ですよ(笑)

 

パールロードで休憩したい場合は鳥羽展望台の駐車場がお勧めです!

 

伊勢志摩の絶景スポットはやっぱり海!おすすめの展望台やルートは?

 

 

次にちょっぴりお財布に優しい割引情報です^^

 

おっと!その前に肝心の基本の入館料金をお知らせしておかないといけませんよね^^;

 

志摩マリンランドの入館料は、大人:1,300円、中学生・高校生:800円、小学生:600円、4歳以上の幼児:300円となっています。

 

これが15名以上の個人団体では1割引き

 

同じく15名以上でも学校の場合は4割引きになります。

 

とは言っても殆どの方がご家族や友人と個人でお出掛けになるので、団体割引ではなく個人で割引になる情報がほしいですよね^^

 

もっともポピュラーな割引方法がコンビニで前売り券を購入するJTBのコンビニ割引です。

 

この場合大人が150円、小学生から高校生までの学生さんが各100円、そして幼児が30円の割引になります。

 

志摩マリンランドのJTBコンビニ割引の商品番号は「 0236985 」です。

 

 

続いてあなたがお車でお出掛けで、JAFの会員であれば、現地でチケット購入時に各入館料金から10%割引をしてもらえます。

 

ここまでは志摩マリンランド単独の割引情報です。

 

 

続いて他の施設のチケットとセットで購入するセット割の情報です。

 

まずは同じ賢島内で近鉄グループが運行している英虞湾めぐりの遊覧船「エスパーニャクルーズ」の乗船券とのセット割引です。

 

チケットの名称は「賢島マリンセット券」といいます。

 

エスパーニャクルーズの乗船料金は中学生以上が1,600円で、小学生が800円です。

 

大人の場合、志摩マリンランド1,300円+エスパーニャクルーズ1,600円で合計2,900円のところ、賢島マリンセット券を購入すると2,300円で600円お得です。

 

賢島マリンセット券の各料金は大人:2,300円、中学生・高校生:1,900円、小学生:1,100円です。

 

尚、セット券に幼児のチケットはありません。

 

未就学児の場合エスパーニャクルーズの乗船は大人一人に付き、幼児1名が無料なので、志摩マリンランド入館時に、マリンランドの方だけ入館料をお支払いください。

 

英虞湾めぐりの乗船場所や料金に見どころは?アクセス方法や割引情報も知りたい!

 

 

次に近鉄の電車の乗車券とセットになった伊勢志摩周遊スーパーパスポート「まわりゃんせ」という商品

 

このチケットは、伊勢志摩エリア内の主要な23の観光施設と、近鉄電車はもとよりバスや定期船も乗り放題で、中には天然温泉も含まれています。

 

料金は中学生以上が9,800円で、小学生が5,300円です。

 

有効期間は4日間あるので、宿泊旅行で志摩マリンランドにエスパーニャクルーズ、志摩スペイン村などをまわり、帰りには鳥羽や伊勢でも幾つかの指定観光施設に立ち寄れば十分に元が取れちゃいますよ^^

 

まわりゃんせの詳細についてはこちらの近鉄の「まわりゃんせ」のホームページをご確認ください。

 

 

最後にもう一つ!

 

こちらは志摩市内の主要観光施設の利用券がセットになった「あそばんせ」というセット券商品です。

 

あそばんせは中学生以上が5,800円、小学生は3,500円です。

 

同じくあそばんせの詳細についてはこちらの「あそばんせ」の公式ホームページをご確認ください。

 

あそばんせの有効期間は2日間です。

 

志摩市への1泊2日の旅行であればとってもお得なセット割ですよ^^

 

志摩市には安乗ふぐや、的矢牡蠣など美味しい食材もたくさんあります。

 

安乗ふぐは志摩市のブランド!お手軽ランチやおすすめの宿情報!

 

あなたの春の旅行の候補地に加えてみてはいかがでしょうか^^

 

【関連記事】

伊勢志摩の隠れたB級スポットをご紹介!場所やアクセス方法に料金など

 

 

それでは今回の記事も最後までご一読いただきまして本当にありがとうございました。

 

Sponsored Link




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ