レッドヒルヒーサーの森って?場所やアクセス方法に入園料金は?



Sponsored Link

 

間もなく津市に開園する「レッドヒル ヒーサーの森」

 

だいたいレッドヒル ヒーサーの森って何?

 

今回はそのレッドヒル ヒーサーの森の開園日や場所(住所)

 

アクセス方法や入園料金といった詳細と、そもそもレッドヒル ヒーサーの森とはどのようなところなのか?

 

その魅力などに迫ってみたいと思います。

 

レッドヒル ヒーサーの森

レッドヒルヒーサーの森

画像引用元:http://www.akatsuka.gr.jp/

 

もう間もなく開園を迎えようとしている津市にオープンする「レッドヒル ヒーサーの森」

 

耳慣れない名前の施設のようですが、レッドヒル ヒーサーの森って一体何?

 

「森」という名前から森林公園のような施設でしょうか?

 

レッドヒル ヒーサーの森は栽培見本農場だそうです。

 

三重県の植木需給協議会の会長も務められる赤塚植物園さんが、

長年に渡り荒れ果てた里山を開拓し、開園にこぎつけられた農業を核にした新しい観光交流拠点だそうです。

 

草花や樹木とふれあいながら子どもたちが安心して遊べる里山公園

 

それがレッドヒル ヒーサーの森です。

 

この公園の名前になっているレッドヒル

 

これはこの里山公園のシンボルでもある軸が赤くて別名「レッドウッド」とも呼ばれる

センペルセコイアがそびえ立つ丘から命名されそうです。

 

そのセンペルセコイアは世界一のっぽの木とも言われ、大きいものは高さ60mにもなるそうです。

センペルセコイア

画像引用元:http://www.engei.net/

 

レッドヒル ヒーサーの森のセンペルセコイアは平成11年に植樹され、既に高さ20mほどに育っているそうです^^

 

しかもその数一千本!

 

まさしくこの里山公園のシンボルです。

 

そのレッドウッドの森を中核に、園内には約3Kmの遊歩道が整備され、全てを徒歩で回ると1時間は掛かるようです。

 

園内は「森ゾーン」「花ゾーン」の2つに別れ、400種1,500本のバラが咲き競うローズガーデンをはじめ、

赤塚植物園ならではの珍しい花々が四季折々に咲き乱れるそうです。

 

また約13万㎡の広大な敷地の中にはスイレンの咲く「スイレン池」や、鯉や亀の泳ぐ「こころの池」などの水場も設けられています。

 

レッドヒル ヒーサーの森の付帯施設

高野尾花街道

画像引用元:http://www.rurubu.com/

 

レッドヒル ヒーサーの森は津市高野尾町が推進する「高野尾花街道」の事業の一部です。

 

里山公園を訪れたお客さんにくつろいでいただけるレストランや物産品の直売施設なども併設されています。

 

その代表が既に今年(2016年)7月に一足お先にオープンしたファーマーズ・マーケット「朝津味(あさつみ)」

朝津味

画像引用元:http://www.mie-u.ac.jp/

 

地元の農産物を購入できる他、その農産物を味わうことのできるフードコートも設けられています。

 

その他

 

・農家レストラン

・体験農園

・地域交流施設

 

など自然とふれあいながら農業を見つめ直す観光交流施設になるようです。

 

場所やアクセス方法は?

高野尾花街道アクセス

画像引用元:http://popolato.mie1.net/

 

レッドヒル ヒーサーの森は(株)赤塚植物園のある津市高野尾町にオープンします。

 

【場所(住所)】

〒514-2221

三重県津市高野尾町5680番地

TEL:059-230-8701(高野尾花街道)

 

【レッドヒル ヒーサーの森のお問い合わせ先】

TEL:059-230-1234(赤塚植物園)

 

【アクセス方法】

伊勢自動車道 芸濃IC下車⇒県道10号線(伊勢別街道)を高野尾町方面へ

 

レッドヒル ヒーサーの森(高野尾花街道)のGoogleマップ

 

開園時間や入園料金は?

Sponsored Link

 

それでは最後にレッドヒル ヒーサーの森のグランドオープンや

開園時間、入園料金といった情報をまとめてお伝えいたします。

 

【グランドオープン】

2016年9月30日(金)

 

【開園時間】

9:30~17:00

*季節によって変更あり

 

【入園料金(里山維持協力費)】

・中学生以上:800円~1,200円(季節により変更)

・小学生以下:無料

 

1991年(平成3年)からこの日のためにコツコツと整備を続けて来ていただいた新しい三重県の観光交流施設

 

これからも県民の憩いの場として

 

また県外からお越しいただく皆さんに新たな三重県の魅力を発信する場として、

里山公園を維持管理していくための協力費(入園料金)が多少必要です。

 

入園料金は花々の咲き誇る季節と、冬の期間では料金が変わるようです。

 

また同じように開園時間も多少変動するようです。

 

管理人がこの記事を書かせていただいている現時点ではまだレッドヒル ヒーサーの森がオープンしていません。

 

より詳しい情報やお問合わせは059-230-1234

 

赤塚植物園までお願い致します。

 

レッドヒル ヒーサーの森の整備にあたっては、赤塚植物園さんが世界各国の公園を実際に見て回り、

日本の風土に適した花木を選定しながら、子どもたちの笑顔を思い描いて造られたそうです。

 

園内には約1,000種類、10,000本以上の花木が植えられ、

里山の高台からは津市街地や、遠く伊勢湾も望めるそうです。

 

三重大学や高野尾町の地域住民の皆さんとも連携して、益々魅力的な交流の場として発展していく高野尾花街道

 

あなたも10月の行楽にはグランドオープン間もない花と緑と水の里

 

高野尾花街道のレッドヒル ヒーサーの森へ出掛けてみてはいかがですが^^

 

それでは今回の情報にも関心を寄せていただきまして本当にありがとうございました。

 

Sponsored Link




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ