三重県に動物園は?大内山や五桂池で動物たちとのふれあい!場所は?



Sponsored Link

 

伊勢志摩には3つもの水族館がある水族館激戦区です。

 

でも動物園は・・・

 

確かに伊勢志摩地区には動物園はありません。

 

でも三重県にも動物園があるって知っていましたか?

 

しかも2箇所も^^

 

今回は大紀町の大内山動物園と多気町の五桂池ふるさと村にある花と動物ふれあい広場についてご紹介してみたいと思います。

 

場所や飼育されている動物の紹介なども行ってみたいと思います。

 

休日には動物たちと触れ合ってみませんか^^

 

 

三重県にも動物園が?

大内山動物園のピューマ

画像引用元:https://www.petline-more.jp/news/2016/023.html

 

伊勢志摩地方(伊勢市・鳥羽市・志摩市)には3つもの水族館がある三重県

 

伊勢市には二見シーパラダイス

二見シーパラダイス

画像引用元:http://find-travel.jp/article/5124

 

鳥羽市には鳥羽水族館

鳥羽水族館のスナメリ

画像引用元:http://find-travel.jp/article/793

 

そして志摩市には志摩マリンランドがあります。

志摩マリンランド

画像引用元:http://mie.mytabi.net/archives/marine-rand.php

 

それぞれに個性豊かな水族館で、休日には多くの家族連れやカップルで賑わいを見せる三重県の観光スポットです。

 

二見シーパラダイスには鰭脚類(ききゃくるい)と呼ばれるアシカオットセイトドなどが飼育されています。

 

この鰭脚類は別名海獣とも呼ばれるので海の動物です。

 

また鳥羽水族館にはスナドリネコという猫が飼育されていて、こちらは正真正銘の陸の動物です。

 

でも一般的な動物園で見かけるライオンやゾウ、キリンといった動物とはちょっと違いますよね^^;

 

では三重県には動物園と呼べるところはないのか?

 

実はあまり知られていないかもしれませんが、三重県にも動物園があるんです。

 

しかも2箇所も!

 

と言っても小さなお子様も動物と触れ合えるような、いわゆるミニ動物園です。

 

お隣の名古屋市にある東山動植物園や、和歌山県のアドベンチャーワールドのような本格的な動物園ではありません。

 

それでもライオンもクマもチンパンジーもいます^^

 

トラやピューマだって飼育されているんです。

 

今回はそんな三重県にある動物園をご紹介しちゃいましょう!

 

 

大内山動物園は結構本格的!

大内山動物園のトラ

画像引用元:http://www.oouchiyama-zoo.com/blog/1042/

 

まず一つめが大内山動物園です。

 

まず場所ですが、

 

住所は

 

〒519-3111

三重県度会郡大紀町大内山間弓530-4

TEL:0598-72-2447

 

開園時間は

 

・4月~9月:9:00~16:30

 

・10月~3月:9:00~16:00

 

アクセス方法は

 

伊勢自動車道の紀勢大内山ICで降りて、国道42号線を紀伊長島町方面へ

 

江尻橋南という信号を左折すると700mほどです。

 

江尻橋南の信号角には案内看板も設置されています。

大内山動物園入り口看板

画像引用元:http://maruta.be/yamakawa/17

 

電車でお出掛けの場合はJR大内山駅から徒歩約20分です。

 

入園料金は

 

・大人:1500円

 

・子供:500円

 

*3歳未満は無料

 

駐車場は平日は無料で、土日祝日のみ500円です。

 

特徴は

 

大内山動物園の最大の特徴は全国的にも珍しい個人経営の私設動物園という点です。

 

でも飼育されている動物は猛獣を含む本格的な動物から、子供たちも触れ合えるウザギやポニーなど多種多様です。

 

大人の入園料がちょっぴり高く感じるかもしれませんが、個人経営で多くの動物の食費などを賄うためには致し方無いですよね^^

 

では大内山動物園で飼育されている動物の一例を挙げてみましょう。

 

飼育動物は

 

分類 動物名
ネコ科の仲間 ライオン ベンガルトラ ピューマ カラカル  
クマの仲間 ツキノワグマ ウマグマ アライグマ    
サルの仲間 チンパンジー ニホンザル マントヒヒ リスザル クモザル
羊や山羊の仲間 ヒツジ アフリカピグミーゴー ザーネン    
馬・牛などの仲間 ポニー ミニチュアホース ラマ シカ  
カメの仲間 ケヅメリクガメ アルダブラゾウガメ      
鳥の仲間 ダチョウ クジャク モモイロペリカン オオサイチョウ ハリスホーク
その他 コツメカワウソ ウサギ モルモット プレーリードッグ アルビノタヌキ

 

以上は一例で、まだまだ楽しい動物の仲間たちがたくさん待っています。

 

園内で100円で販売されているエサを実際にあげられる動物や、触れ合える可愛い動物もたくさんいます。

 

お菓子や小物類のお土産物も販売されているので、大内山動物園の思い出やお友達へのプレゼントにもバッチリですよ!

 

 

五桂池ふるさと村 花と動物ふれあい広場

Sponsored Link

 

2つめにご紹介したいのが五桂池ふるさと村にある花と動物ふれあい広場です。

花と動物ふれあい広場

画像引用元:http://tabico.jp/detail/00000000000000936221/

 

五桂池ふるさと村といえば、高校生レストランの相可高校食物調理科の実習施設「まごの店」があるところとして全国的にも有名になりましたね。

 

その五桂池ふるさと村には、かつてはゾウも飼育されていた動物園があります。

 

まず場所ですが、

 

住所は

 

〒519-2174
三重県多気郡多気町五桂992
TEL:0598-39-3780

 

開園時間は

 

・4月~10月:10:00~16:30

 

・11月~3月:10:00~16:00

 

アクセス方法は

 

伊勢自動車道の勢和多気ICで降りて国道42号線を多気町方面へ

 

一つ目の信号を右折して県道150号線を道なりに進めば五桂池に至ります。

 

勢和多気ICからは車で10分ほどです。

 

入園料金は

 

・大人:500円

 

・子供:400円

 

*3歳未満は無料

 

特徴は

 

五桂池ふるさと村の花と動物ふれあい広場には、南紀白浜アドベンチャーワールドからやって来たアフリカゾウがいました。

 

名前は「パオ」で、この動物園の一番の人気者でした。

 

しかし残念ながら右牙のケガが元で息を引き取りました。

 

またシンボル的ランドマークとして人気だった観覧車も老朽化で撤去されるなど寂しいニュースが相次ぎました(涙)

 

しかし、手作り感満載の「動物とのふれあいスペース」など、小さな子供も直接動物と遊べるコンセプトが人気です。

 

この動物園の最大の特徴は「動物園」ではなく「動物ふれあい広場」という点

花と動物ふれあい広場ヒツジ

画像引用元:http://enfant.living.jp/odekake/o-tokai/207476/

 

園内が公園のようになっていて広場や遊具もあり、エサ販売所で購入したエサを持って動物と直接触れ合うことで、遊びと学習の両方が出来ちゃいますよ^^

 

では五桂池ふるさと村の花と動物ふれあい広場で飼育されている動物も一例を挙げてみましょう。

 

飼育動物は

 

分類 動物名
ネコ科の仲間 ライオン トラ ヒョウ ピューマ ジャガー
クマ科の仲間 ヒグマ ツキノワグマ ヒマラヤグマ    
サルの仲間 ニホンザル マントヒヒ ワオキツネザル エリマキキツネザル  
有袋類 ワラビー フクロギツネ      
その他の人気者 アライグマ ミーアキャット カピバラ セグロジャッカル ダチョウ
ポニー ヒツジ ウサギ ラマ ロバ

 

五桂池ふるさと村 花と動物ふれあい広場では49種類250匹の動物が飼育されています。

花と動物ふれあい広場のダチョウ

画像引用元:http://www.creatorcheck.net/mie/furusatomura/

 

園内の休憩所でお弁当を広げるのも良し

 

五桂池ふるさと村にはまごの店やBBQコーナーもあるので、一日ゆっくりとご家族で過ごせます。

 

五桂池には白鳥の足踏みボートもあり、池周辺ではイチゴ狩りやみかん狩りも出来ちゃいます^^

 

五桂池ふるさと村

画像引用元:http://www.ma.mctv.ne.jp/~jr2uat/village/village.htm

 

結構本格的(?)な動物も飼育されている三重県の動物園2園をご紹介してみました。

 

水族館もいいけど、動物園も!と思われたあなた!

 

よろしければ身近に動物と触れ合える癒やしの空間に是非出掛けてみてくださいね^^

 

それでは今回の情報にも最後まで目を通していただきまして本当にありがとうございました。

 

Sponsored Link




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ