合歓の郷の子連れで遊べるアクティビティや温泉は?場所とアクセス方法も!



Sponsored Link

 

以前はヤマハリゾート合歓の郷と呼ばれていた「合歓の郷(ねむのさと)」

 

現在は「伊勢志摩NEMU HOTEL&RESORT」という名前に変わっています。

 

ここはいわゆるリゾートホテルですが、お子様連れでも楽しめる各種アクティビティなどもあります。

 

また良質の泉質が自慢の温泉もあり、週末に子供連れで遊びに出掛けるのにはピッタリのホテルなんですよ^^

 

ではその合歓の郷ホテル&リゾートをご紹介しながら、場所やアクセス方法などもお伝えしていきますね。

 

 

合歓の郷ホテル&リゾートのアクティビティ

合歓の郷のアクティビティ

画像引用元:http://guide.travel.co.jp/article/4141/

 

週末に子どもと一緒にどこかに出掛けたいなぁとお考えのお父さん!

 

そうあなたですよ^^

 

子ども連れで出掛けてもホテル内で十分遊べるアクティビティ満載のホテルが有りますよ!

 

そこは「合歓の郷ホテル&リゾート」

 

以前は確かヤマハリゾート合歓の郷という名称でしたが、現在は正式には「伊勢志摩NEMU HOTEL&RESORT」と言うそうです^^;

合歓の郷

画像引用元:http://4travel.jp/dm_hotel_each-10048822.html

 

でもちょっと名前が長いのと、ミエオは横文字が苦手なので、大変申し訳ありませんが旧名称の「合歓の郷(ねむのさと)」でお話を進めさせていただきます(^^;;

 

通常ホテルや宿泊施設は、その土地の観光地を周った後にゆっくりとお風呂に入って、美味しい夕食をいただく。

 

そんな利用法が一般的ですが、合歓の郷は宿泊や温泉はもちろんのこと、合歓の郷の中だけでも十分に楽しめるアクティビティが豊富に揃っています。

 

ただ、そのアクティビティを利用するには合歓の郷のホテルに宿泊する必要はありますが^^;

 

宿泊者専用のお楽しみというわけです^^

 

まず合歓の郷には「HOTEL NEMU」「EXCEED NEMU」という2つのホテルが有ります。

 

アクティビティはどちらのホテルに宿泊しても利用可能です。

 

そしてアクティビティですが、こちらは「ネイチャーアクティビティ」「マリン・アクティビティ」「フィールド・アクティビティ」の大きく分けて3つのプログラムが有ります。

 

その中でも更に通年開催のものや、季節ごとに変わるプログラム。

 

ゴールデンウィークや春休み限定のアクティビティなどもあり、何度訪れてもお客様が飽きのこないように考えられています。

 

これから春休みを迎え、お子様と出掛ける機会も多くなるこの時期におすすめのアクティビティは「森の秘密基地で遊ぼう」「親子シーカヤック」「無人島宝探し」などが楽しそうです^^

 

もちろんパパ・ママが楽しめるアクティビティも本当にたくさん用意されています。

 

ゴルフ、クルージング、海釣り、真珠のアクセサリー作り、ヨガなどなど^^

 

合歓の郷は広大な自然の中にあり、その中には森林浴が楽しめる森もあります。

 

その森でおもいっきりフィトンチッドを吸いながら、キレイな英虞湾を眺めながら朝食が食べられる朝食BOX付きの森と海のピクニックといったアクティビティプログラムもありますよ。

 

そしてもうすぐ志摩市の賢島で開催される「伊勢志摩サミット」を記念して、その賢島を海の上から案内してもらえる「海上散歩(伊勢志摩サミット記念クルージング)」というプログラムも興味深そうですね。

 

春休みやGWに子ども連れで出掛けても、絶対に飽きさせない楽しい仕掛けがいっぱいですよ^^

 

【関連記事】

安乗ふぐは志摩市のブランド!お手軽ランチやおすすめの宿情報!

 

 

合歓の郷の極上の温泉

合歓の郷の温泉

画像引用元:http://travel.dmkt-sp.jp/hotel/6118015/detail/

 

合歓の郷にはもちろん旅の疲れを癒やしてくれる極上の温泉も湧いています。

 

奥志摩温泉「潮騒の湯」と呼ばれる天然温泉で、泉質は療養泉としても認められたナトリウム・塩化物温泉です。

 

合歓の郷には先ほどのコーナーでご紹介したように「HOTEL NEMU」と「EXCEED NEMU」という2つのホテルが有り、それぞれのホテル棟に温泉施設があります。

 

HOTEL NEMUには昨年、2015年3月31日に新装オープンしたばかりの新しい「恵みの湯 KIYORA」という温泉があり、ここには

 

【地】をテーマとした~大地の恵みが癒やす~「潮騒の湯」⇒檜風呂の内湯

 

【森】をテーマとした~森の恵みが再生する~「合歓の木浴」⇒ねむの木の樹皮エキスを配合した露天風呂

 

【海】をテーマとした~海の恵みが再生する~「真珠の湯」⇒真珠とアコヤ貝の抽出成分を配合した美容泉

 

の3つの湯めぐりが楽しめます^^

 

またEXCEED NEMUの方には露天風呂付きの大浴場があり、こちらも天然温泉「潮騒の湯」が引かれ、旅の疲れをしっかりと癒やしてくれます。

 

ただちょっと残念なのは、宿泊しているホテル棟以外の温泉は利用することが出来ないようです。

 

もし仮にあなたが「真珠の湯」にご興味が有るのであれば、最初からHOTEL NEMUの方へ宿泊予約をするようにしてくださいね!

 

【関連記事】

伊勢志摩の絶景スポットはやっぱり海!おすすめの展望台やルートは?

 

 

合歓の郷の場所とアクセス方法など

Sponsored Link

 

では実際に合歓の郷にお出掛けいただくための場所やアクセス方法などの詳細についてお届けしていきたいと思います。

 

まず合歓の郷の場所(住所)

〒517-0403

志摩市浜島町迫子2692-3

0599-52-1111

 

 

アクセス方法ですが、お車の場合は上記の情報をカーナビにセットしてからお出掛けください。

 

概略は、伊勢自動車道伊勢ICに直結した県道37号線を経由して有料道路の伊勢二見鳥羽ラインをご利用いただきます。

 

その後終点の鳥羽まで行って国道42号線を経由してパールロードを使って志摩市に至るか、松下JCTから国道167号線を使って志摩市まで行きます。

 

その後は「賢島口」の信号を右折して県道17号線で合歓の郷に至ります。

 

詳しくはこちらのGoogleマップをご確認ください。

 

 

電車をご利用してアクセスされる場合は、近鉄の鵜方(うがた)駅からバスまたはタクシーをご利用ください。

 

また宿泊予約時に送迎バスの予約も同時にされると、近鉄賢島(かしこじま)駅に合歓の郷の無料送迎バスが来てくれます。

 

楽天トラベルからもホテル予約が可能です。

 

 

 

 

その他の詳細についてはこちらの合歓の郷公式ホームページをご参照ください。

 

 

もうすぐ志摩市では伊勢志摩サミットが開催されます。

 

そうなると志摩市周辺の観光スポットも一気に注目度が高くなり、例年以上の観光客のみなさんが訪れてくださることが予想されます。

 

ですが合歓の郷であれば、多くの観光客のみなさんにもみくちゃにされなくても、ホテル内のアクティビティでのんびりと十分に楽しめそうです。

 

合歓の郷は志摩市の中でも特に人気の高いホテルなので、伊勢志摩サミット開催前の今のうちに、お早めのご予約がおすすめですよ^^

 

【関連記事】

伊勢志摩サミットって何?会場のホテルや日程に振る舞い日本酒など!

 

 

それでは最後までご一読いただきまして本当にありがとうございました。

 

良いご旅行をお楽しみください!

 

Sponsored Link




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ