伊勢志摩サミットの交通規制で近鉄の運休は?代替輸送はあるの?



Sponsored Link

 

いよいよ間近に迫ってきた伊勢志摩サミット

 

どうやら三重県内、特に伊勢志摩では交通規制も厳しくなるようです。

 

それは鉄道も例外ではなく、近鉄にも一部で運休があるようです。

 

今回はそんな気になる近鉄の運休情報の詳細と、鉄道に代わる代替輸送があるのかどうかなども調べてみたいと思います。

 

 

伊勢志摩サミットで交通規制が実施される!

伊勢志摩サミット交通規制

画像引用元:http://www.police.pref.mie.jp/samitto/samitto_11.html

 

5月26日(木)・27日(金)の両日、志摩市賢島で開催される先進国首脳会議

 

通称伊勢志摩サミットがいよいよ間近に迫ってきました。

 

三重県内ではいたる所でサミット開催期間中の交通規制実施の案内板を見かけます。

交通規制電光表示

 

海外では日常的にテロ行為が頻発していて、要人警護のために伊勢志摩サミットに参加される各国首脳が賢島まで行かれる経路については明らかにされていません。

 

自動車を使って道路から志摩市へ入られるのか、近鉄車両を貸し切って鉄道で移動されるのか。

 

はたまた中部国際空港から直接船で海上を賢島へ向かわれるということも考えられます。

 

更にはヘリコプターで空輸という手段もありますね^^

 

ただ賢島にヘリポートがあったかなぁ(^^;;

 

しかしいずれにしてもサミット開催期間の少し前から交通規制が敷かれることは間違いないようです。

 

サミット開催ということで、この期間に伊勢志摩を訪れられる観光客のみなさんも多いのかもしれませんが、平日なので通勤通学の足に影響が出るのが心配ですね^^;

 

出来る限る一般の人達の生活に影響のないように配慮してもらえることを祈りたいものですね!

 

もう一つの懸案事項が交通渋滞です。

 

交通規制が敷かれるだけでなく、サミット開催期間は国内外から多くの要人警護や政府関係者に加えて、報道陣も詰めかけます。

 

現在想定されている政府関係者や報道関係者だけで約6,500人だそうです。

 

全員が車で来場されることはないにしても、恐らくこれらの人を捌くために関係者専用道路が設けられ、一般車は通行できなくなるのではないでしょうか?

 

下手をすると目の前に見えている自分の家にも帰れないという地元の方も出てくるかもしれませんね(^^;;

 

大きな混乱が発生せずに、無事にサミットが終了してくれることを祈るばかりです。

 

【関連記事】

伊勢志摩サミットの会場『志摩観光ホテル』と賢島の歴史紹介!

 

 

交通規制は近鉄電車にも!運休期間や運休区間は?

近鉄伊勢志摩特急

画像引用元:http://www.knt.co.jp/ise/

 

伊勢志摩サミットのための交通規制は近鉄の電車にも及ぶようです。

 

サミット開催期間中は近鉄も一部区間で電車が全て運休するようです。

 

まだ正式な運休期間は発表されていませんが、恐らくサミット開催日の1週間ほど前から運休が始まるようです。

 

その区間は近鉄志摩線の鵜方(うがた)駅から賢島駅までの区間になるようです。

 

この区間は途中に志摩神明という駅が一つあるだけの約3.2Kmの区間です。

 

賢島自体は賢島大橋で繋がっていますが完全に離島なので、この橋と近鉄を封鎖してしまえば事実上孤立して海を渡るか、空から侵入しないと賢島へは入島できません。

 

そういった警護のしやすさも賢島がサミット会場に選ばれた理由の一つですからね^^

 

サミット開催1週間前からサミット終了時まで、近鉄志摩線は鵜方駅までの折り返し運転になるようです。

 

もし万が一賢島まで走る電車があったとすれば、おそらくその電車にはサミットに出席する首脳や政府関係者が乗車されているということですね!

 

【関連記事】

伊勢志摩サミットで出される料理のメニューやシェフは?VIPの宿泊部屋は?

 

 

近鉄運休時の代替輸送はあるの?

Sponsored Link

 

近鉄電車が運休した場合の鵜方駅から賢島駅までの代替輸送手段についても調べてみました。

 

恐らく観光目的でこのサイトを御覧頂いているあなたには必要のない情報かもしれませんが、一応載せておきますね^^;

 

近鉄が運休中の、運休区間については三重交通のバスが臨時で走るようです。

三重交通CANばす

画像引用元:http://ameblo.jp/jq2tft/entry-10923850888.html

 

但しこのバスに乗車できる人は賢島に居住されている島民の方や、サミット関係者に限定され、事前に発行されたIDカードを持っていないと乗車できない仕組みになるようです。

 

賢島にはサミット会場になる志摩観光ホテルの他にも、賢島宝生苑や賢島パークホテルみち潮などのホテルが有りますが、当然サミット開催期間中は一般の方は宿泊できずに、報道陣などの宿泊施設に充てられるものと思います。

 

賢島には志摩マリンランドという水族館がありますが、生き物がいるので一部の飼育員さんは出勤されることでしょうが、志摩マリンランド自体は休館になります。

 

その他英虞湾めぐりの賢島エスパーニャクルーズなど島内の全ての観光施設は休業になるので、そういった施設で働いている職員の方も、IDカードを発行された極一部の人だけが賢島に入ることが出来るのではないでしょうか。

 

サミット自体は2日間ですが、交通規制や近鉄電車の運休は1週間前から始まるので、志摩マリンランドや賢島島内のお土産物屋さんなども少々痛手のようです^^;

 

でもその分知名度が上がってたくさんのお客さんがいらっしゃるはずなので、これまで以上のおもてなしで気持よく迎えていただきたいですね。

 

話が少し逸れてしまいましたが、志摩スペイン村から賢島駅まで運行されていたバスも、伊勢志摩サミット開催期間中は鵜方駅までの乗り入れに制限されますのでご注意ください!

 

その他英虞湾内の定期船もサミット期間は賢島以外の港への入港に限定されるようです。

 

いろいろと交通規制が敷かれて現地にお住いの方々はしばらく不自由がありお気の毒ですが、三重県が本当に素晴らしいところだと思っていただけるように、不祥事の発生しないことを心から願っています。

 

【関連記事】

伊勢志摩サミット応援キリン一番搾りビールなどコラボ商品が続々登場!

 

 

それでは今回の情報は以上とさせていただきます。

 

最後までご一読いただきまして本当にありがとうございました。

 

Sponsored Link




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ