伊勢志摩サミットって何?会場のホテルや日程に振る舞い日本酒など!



Sponsored Link

 

2016年5月に三重県の志摩市で首脳会議が開催される予定の伊勢志摩サミット

 

先進7カ国首脳会議、通称G7と呼ばれるこの伊勢志摩サミットってそもそも何?

 

どこの国が参加して、誰がやってくるの?

 

そんな疑問にお答えしながら、会場となるホテルやG7の日程

 

更には当日各首脳に振る舞われる予定の日本酒の話題なども拾ってお届けしていきたいと思います。

 

せっかくなのでこの機会にもう一度伊勢志摩サミットについておさらいしておきたいとお考えのあなたは、最後まで読み進めていただけると嬉しいです^^

 

 

伊勢志摩サミットってそもそも何?

伊勢志摩サミットのロゴマーク

画像引用元:https://www.city.shima.mie.jp/gyosei/cat196/shimin_kaigi/action/sum014/

 

2016年に開催される先進主要国首脳会議(サミット)で通算42回目を迎え、日本での開催は今回で6回目となる先進7カ国首脳会議(G7)

 

今回は三重県の志摩市で開催されるために、「伊勢志摩サミット」という呼び名が付けられました。

 

そもそも伊勢志摩サミットって何?

 

というよりもサミットって何をするものなの?

 

って感じじゃないですか^^;

 

冒頭にもお伝えしましたが、サミットは日本で言うと先進主要国首脳会議

 

この先進主要国は全部で7カ国あるので、G7という呼び方もされていますね。

 

これにロシアを加えた場合の呼び方がG8ですが、ロシアはクリミア問題などが解決していないために現在は2014年以降参加資格が凍結状態になっています。

 

日本にとっては北方領土問題などでロシアとの関係には神経質にならざるをえない立場なので、出来ればG8として伊勢志摩サミットへプーチン大統領をお招きしたいところですが、今回はG7として開催されるようです。

 

ではまず最初に世界をリードするその先進主要7カ国と、伊勢志摩サミットに出席予定の首脳をご紹介したいと思います。

 

尚順不同で、配列に特別な意味などはございませんのでよろしくお願いいたします^^;

 

・イギリス:デーヴィッド・キャメロン首相

・フランス:フランソワ・オランド大統領

・イタリア:マッテオ・レンツィ首相

・ドイツ:アンゲラ・メルケル首相

・アメリカ:バラク・オバマ大統領

・カナダ:ジャスティン・トルドー首相

・日本:安倍晋三首相

 

そして実際のサミットではここに以下のヨーロッパ理事会議長と、ヨーロッパ委員会委員長が加わって首脳会議が行われます。

 

・EU:ジャン=クロード・ユンケル理事会議長

・EU:ドナルド・トゥスク委員長

 

ではどのようなことが話し合われるのでしょうか?

 

現在予定されている議題は

 

・北朝鮮による核ミサイルや核開発について

・アフリカで流行しているエボラ出血熱や、南米で猛威を奮っているジカ熱などの感染症対策について

・国際テロ組織やテロ犯罪の対策について

・ウクライナ問題や中東問題と、これらに関する難民対策など

 

主にはこれらが議題となって話し合いが行われる予定です。

 

また余談ですが、G7の首脳会合が開催されるのは三重県志摩市ですが、同時に2016年は全国の各市町でも閣僚会合が開催されます。

 

まず皮切りとなるのが4月10日~11日に広島市で開催される外務大臣会合で、その後9月24日~25日に軽井沢町で開催される交通大臣会合まで、全国10都市で各大臣による閣僚会合が予定されています。

 

後ほど伊勢志摩サミットの会議場となるホテルのご紹介をさせていただきますが、このホテルの立っている場所は賢島(かしこじま)という独立した一つの離島です。

賢島全景

画像引用元:http://travel3.shinoko.tokyo/?p=11316

 

実際にはこの賢島へ近鉄の鉄道が敷かれ、橋によって人や自動車も渡れるのですが、今回のサミット会場にこの賢島が選ばれたのはやはり四方を海に囲まれた離島であることから要人警護が行いやすいという利点があったようです。

 

その他にも伊勢志摩がサミット会場として選ばれたわけは、リアス式海岸の英虞湾に大小様々な小島の浮かぶ風光明媚な景色

 

日本の歴史の源でもある伊勢神宮など、来日された各国首脳に日本の美しさをアピールできる点。

 

伊勢神宮へ皇室や内閣総理大臣などの要人が毎年訪れられるので、三重県警が要人警護に慣れているなどの点が評価されたようです。

 

では次のコーナーでは伊勢志摩サミットの開催期間や、会議場となるホテルについてなどをまとめていきますね^^

 

【関連記事】

海女の故郷志摩市のかわいい萌えキャラ『碧志摩メグ』海女はどこで見れる?

 

 

伊勢志摩サミットの開催日程と会場のホテルについて

伊勢志摩サミット開催ホテル

画像引用元:http://travel3.shinoko.tokyo/?p=11316

 

まず伊勢志摩サミットの開催日程は2016年5月26日(木)・27日(金)の2日間です。

 

平日開催になっているのは少しでもやじ馬を減らすためでしょうか(^^;;

 

でも地元の方にとっては、平日お仕事があるのに交通規制などが敷かれると、その点はちょっと迷惑かもしれませんね。

 

そして会場となるホテルが志摩観光ホテルと言われています。

 

志摩観光ホテルは皇室の方々が三重県を訪れられた場合のご宿泊ホテルでもあり、宮内庁御用達の迎賓館的な格付けのホテルです。

 

また白い巨塔や沈まぬ太陽でも有名は女流作家の山崎豊子さんが好んで宿泊されたホテルでもあり、その山崎さんの作品でもある華麗なる一族の舞台としても描かれています。

 

志摩観光ホテルは1961年に開業された志摩観光ホテル・クラシックと、2008年に開業された志摩観光ホテル・ベイスイートの大きく2つのホテルで構成されています。

 

本館でもあるクラシックには客室以外にも宴会場などの設備があり、サミットの会議自体はクラシック。

 

各首脳がお休みになる宿泊ホテルは、英虞湾の素晴らしい眺望が楽しめるベイスイートになるのではないでしょうか?

 

志摩観光ホテルのご予約は、この下の画像から楽天トラベルでも可能です。

 

 

志摩観光ホテルのクラシックは現在耐震工事で休業中で、間もなく営業を再開される予定です。

 

現在宿泊可能なのはベイスイートのみとなっています。

 

恐らく伊勢志摩サミットの会場となるための改装工事なども同時に行われているのでしょうね^^

 

その他賢島島内には賢島パークホテルみち潮や、賢島宝生苑といったホテルの他、志摩マリンランドという水族館や、英虞湾を遊覧船で廻るエスパーニャクルーズの発着港などもあります。

 

賢島のGoogleマップ

 

一度機会があれば賢島を訪れられてみてはいかがですか^^

 

【関連記事】

鳥羽湾めぐりとイルカ島に割引クーポンってあるの?乗船場所や所要時間は?

 

 

伊勢志摩サミットで日本酒が振る舞われる?銘柄は?

Sponsored Link

 

伊勢志摩サミットで、サミットを当て込んだいろいろな企画が練られ、サミットによる三重県の経済効果はかなり莫大になるはずです。

 

そんな中、安倍晋三首相が各国首脳をおもてなしする晩餐会で、是非とも三重県の地酒の日本酒を召し上がっていただこうと、振る舞い酒の選定会が開催されました。

 

三重県内には地酒の酒蔵が35箇所ありますが、その中から地元の飲食店経営者やホテルのシェフなどが利酒をして銘柄の絞り込みが行われたようです。

 

サミットの晩餐会で振る舞われた日本酒となれば、それだけで宣伝効果も大きいでしょうからね^^

 

以下、伊勢志摩経済新聞さんの記事を引用させていただくと

 

三重の日本酒のおいしさを広くPRし、サミット晩餐会の席で各国の首脳たちに自分たちが選んだ三重の酒を飲んでもらいたいと企画。

 この日は、地元飲食店やホテルの調理人、スタッフなど25人が試飲会に参加、県内35蔵ある内の15銘柄をブラインドテスト、5段階評価で選んだ。

 

今回の試飲会で選ばれた7銘柄を『伊勢志摩サミット限定酒』として認定し、『ISES-HIMA SUMMIT G7/M(イセシマサミット ジーセブン スラッシュ エム)』の限定ラベルを貼った統一パッケージで、サミット100日前の2月16日にブランド化し発売する予定

 

選ばれた地酒の銘柄は以下の通りです。

 

・颯(はやて):後藤酒造場(桑名市)

・月の真珠:稲垣酒造場(三重郡朝日町)

・天慶(てんけい):早川酒造部(三重郡川越町)

・鈿女(うずめ):伊藤酒造(四日市市)

・噴井(ふきい):石川酒造(四日市市)

・三重の寒梅:丸彦酒造(四日市市)

・作(ざく):清水清三郎商店(鈴鹿市)

・初日 神の穂:油正(津市)

・鉾杉(ほこすぎ):河武醸造(多気郡多気町)

・瀧自慢:瀧自慢酒造(名張市)

・天下錦:福持酒造(名張市)

・義左衛門(ぎざえもん):若戎(わかえびす)酒造(伊賀市)

・るみ子の酒:森喜酒造場(伊賀市)

・三重錦:中井酒造場(伊賀市)

・半蔵:大田酒造(伊賀市)

 

以上、こちらの記事より引用⇒http://iseshima.keizai.biz/headline/2467/

 

この記事を読むと、第一次審査で上記の15銘柄が選ばれていますが、最終的にはG7にちなんで7銘柄に絞りこまれるようなので、その栄えある三重県の日本酒G7に選ばれた地酒はどの銘柄になったのかを調べてみました。

 

以下がその7銘柄です。

 

・作(ざく):清水清三郎商店(鈴鹿市)

・初日 神の穂:油正(津市)

・鉾杉(ほこすぎ):河武醸造(多気郡多気町)

・瀧自慢:瀧自慢酒造(名張市)

・天下錦:福持酒造(名張市)

・義左衛門(ぎざえもん):若戎(わかえびす)酒造(伊賀市)

・半蔵:大田酒造(伊賀市)

 

こちらが伊勢志摩サミット限定酒「ISE-SHIMA SUMMIT G7/M」に決まったようです^^

 

 

 

果たして各国首脳のみなさんは、安倍晋三首相からこれらの日本酒を振る舞われて、どのような感想を持たれるのでしょうね。

 

ミエオは個人的には11年連続世界酒類コンクールモンドセレクション受賞中の銘酒、(株)宮崎本店さんの「宮の雪」が選ばれなかったのが残念ですが、きっと利酒師のみなさんが外国人の方の舌を考慮して選ばれた結果なんでしょうね。

 

外国の人にも日本酒が受け入れられるといいですよね^^

 

いよいよ伊勢志摩サミットの日程も近づいてきましたが、だんだん春めいてきて足取りも軽くなってきたので、あなたも賢島や伊勢市、鳥羽市、志摩市などに出掛けてみられてはいかがですか?

 

もしかすると伊勢志摩サミットのおかげで、いつもとは違った特別なおもてなしが期待できるかもしれませんよ (^0^)

 

【関連記事】

鳥羽水族館はジュゴンがおすすめ!お土産と割引にアクセス方法は?

 

 

それでは今回も最後までお付き合いいただきまして本当にありがとうございました。

 

Sponsored Link




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ