伊勢志摩サミットで出される料理のメニューやシェフは?VIPの宿泊部屋は?



Sponsored Link

 

いよいよ5月26日に迫ってきた伊勢志摩サミット

 

先進国のVIP(首脳)をお迎えするホテルは志摩市賢島にある志摩観光ホテルです。

 

ここでちょっと気になるのが世界のVIPに志摩観光ホテルが用意するお食事です。

 

伊勢志摩サミットではどんな料理をどんなシェフが出されるのか、メニューやシェフの情報が気になっちゃいませんか?

 

また同じくVIPが宿泊される部屋についても気になってしょうがありません(笑)

 

という訳で、今回は伊勢志摩サミットの会場となる志摩観光ホテルの料理やVIPルームについて調べてみようと思います。

 

ミエオと同じように気になるあなたは最後までお付き合い下さいね^^

 

 

伊勢志摩サミットで出される料理のメニューは?

志摩観光ホテルのディナー

画像引用元:http://www.ikyu.com/00001400/plan/

 

2016年5月26日(木)と27日(金)の2日間、三重県志摩市賢島(かしこじま)にある志摩観光ホテルをメイン会場として開催される先進主要国首脳会議

 

安倍総理自らが「伊勢志摩サミット」と名付けられたG7がいよいよ間近に迫ってきましたね。

 

今回のG7では北朝鮮による核兵器や、相次ぐロケット打ち上げに関する問題

 

ヨーロッパで深刻な問題になっている難民受け入れやテロ対策

 

アフリカや南米で拡大している感染症の問題などが主な議題になるのではないかと言われています。

 

日本では通算6回目となる今回の第42回先進主要国首脳会議ですが、前回日本で開催されたのは2008年の北海道洞爺湖サミットでしたね。

 

その後洞爺湖は以前にも増して物凄い数の観光客のみなさんが訪れるようになったそうです。

 

そして今回は三重県の志摩市が選ばれたわけですが、周囲を海に囲まれた志摩市は海の恵みの宝庫です。

 

この地で養殖真珠が世界ではじめて誕生し、今も現役で海女さんが海に潜って昔ながらの漁をされています。

 

また志摩市の安乗漁港(あのりぎょこう)に水揚げされる良質の天然トラフグは「安乗ふぐ」としてブランド化して、志摩市を訪れないと食べることは出来ません。

 

安乗ふぐは志摩市のブランド!お手軽ランチやおすすめの宿情報!

 

更には的矢湾(まとやわん)で養殖されている的矢牡蠣は、特許技術による紫外線滅菌浄化法で洗浄され、「みえのカキ安心システム」として三重県から出荷される生食用のカキの安全標準になっています。

 

また、的矢牡蠣は三重県ブランドの第1号にも認定されています。

 

的矢牡蠣のシーズンとおすすめのお店は?食べ放題や詰め放題もある?

 

そんな海の幸の宝庫である志摩市で開催される伊勢志摩サミットで、各国の首脳に提供される料理のメニューって気になりませんか^^;

 

きっとミエオのような平民では、一生口にすることも出来ないような料理の数々がテーブル狭しと並べられるんでしょうね(^^;;

 

そうなると余計に気になっちゃって、志摩観光ホテルではどのようなメニューがあるのか調べてみました(笑)

 

志摩観光ホテルには「ラ・メール」というレストランが有ります。

志摩観光ホテル、レストランラ・メール

画像引用元:http://www.jalan.net/yad338802/

 

このレストランで提供される料理は海の幸を中心としたフランス料理です。

 

特に黒鮑のステーキが看板メニューです。

黒鮑のステーキ

画像引用元:http://www.news2u.net/releases/108372

 

そして伊勢といえば伊勢海老^^

 

志摩観光ホテルでは伊勢海老をソテーやジュレ、クリームスープなどにも取り入れて提供されています。

 

更に志摩観光ホテル伝統の人気料理が伊勢海老アメリカンソースで、お客様にも大好評のようです。

伊勢海老アメリカンソース

画像引用元:http://tabelog.com/mie/A2403/A240303/24000053/dtlrvwlst/4831706/

 

その他三重県といえば「松阪牛」

 

当然志摩観光ホテルのメニューにも松阪牛の料理が顔を揃えていました^^

 

松阪牛はフィレ肉のステーキや、サーロインのポワレ、ロース肉のポシェといったメニューが有るようです。

 

このご紹介した「黒鮑のステーキ」「伊勢海老アメリカンソース」「松阪牛フィレ肉のステーキ」が志摩観光ホテルの三大伝統料理になっています。

 

恐らく伊勢志摩サミットの時にも、この三大料理は世界のVIPをおもてなしするメニューに取り入れられるのではないでしょうか?

 

これはあくまでもミエオの想像ですが(ってかこの記事自体が全て想像で書いていますが(^^;; )、もしVIPに万が一の事があってはいけないので安乗ふぐは提供されないかもしれませんね^^;

 

ただもしかすると的矢牡蠣は食卓に並ぶかもしれません^^

 

その他志摩観光ホテルは一皿に載った料理の量が少ない代わりに、数多くの多彩な料理が提供されることが特徴です。

 

そしてその料理にもう一つ特別なスパイスが加えられます。

 

それはレストラン ラ・メールの大きなガラス窓から望む英虞湾の夕日です。

英虞湾に沈みゆく夕日

画像引用元:http://blogs.yahoo.co.jp/hamadaplace/33408656.html

 

リアス式海岸に大小60もの島が点在し、水面には数多くの養殖イカダが並べられた英虞湾に沈みゆく夕日の美しさは格別です。

 

きっとオバマ大統領やメルケル首相もその景色にうっとりされるのではないでしょうか^^

 

伊勢志摩サミットではどんな料理が世界のVIPの舌を唸らせるのか、ミエオも生きている間に一度は食べてみたいなあ(笑)

 

では、その世界のVIPの舌を唸らせちゃう志摩観光ホテルのシェフについてもご紹介しちゃいましょう^^

 

 

志摩観光ホテルの女性総料理長

志摩観光ホテルのフルコース

画像引用元:http://travel.rakuten.co.jp/select/tokai/201412/

 

志摩観光ホテルは都ホテルズ&リゾーツの内の一つです。

 

母体が近鉄グループのため近畿地方や東海地方に多くのホテルを持っていますが、東京から沖縄まで各地に魅力的なホテルが展開されています。

 

その中でも志摩観光ホテルは唯一女性の総料理長が厨房を取り仕切っていらっしゃいます。

 

そのシェフのお名前は樋口宏江さん

 

志摩観光ホテルには伊勢志摩サミットの会議場が設けられるクラシックと、その参加VIPが宿泊されるベイスイートという2つのホテル棟がありますが、樋口宏江さんはその2つのホテルの両方のレストランを取り仕切る総料理長さんです。

 

樋口総料理長は現在40代半ばのシェフですが、2014年に総料理長に抜擢されています。

 

樋口総料理長が志摩観光ホテルに入社されたのは1991年で、その後同じ近鉄グループのテーマパークでもあり、志摩市最大の人気観光スポットの一つでもある志摩スペイン村のフレンチレストランのシェフとして経験を積まれました。

 

そして2008年には先程のコーナーでご紹介したレストラン ラ・メールのシェフに抜擢され、2014年に総料理長にまでなられた方です。

 

一つ付け加えておくと、志摩観光ホテルは元々皇室御用達のホテルで、天皇陛下はじめ皇室の方々が伊勢神宮や三重県を訪れられた時のご宿泊先でもあるホテルです。

 

そのため、そのホテルのシェフを努められてきた樋口総料理長は、VIPにお出しする料理にも数多くの経験を積んでおられます。

 

またまたミエオの勝手な妄想が暴走し始めましたが、もしかすると伊勢志摩サミットが終了すると、樋口総料理長が監修したそのVIP料理が「伊勢志摩サミット限定メニュー」として志摩観光ホテルの看板メニューになるかもしれませんね!

 

そうなるとあなたにもそのフルコースを味わうチャンスがあるかもしれませんよ^^

 

もっとも一般庶民のミエオには一生高嶺の花で終わりそうですが(笑)

 

伊勢志摩サミットで世界のVIPをおもてなしする料理に、樋口総料理長がシェフとしてどのようなスパイスを加えられるのか?

 

本当に興味が湧いてきましたね^^

 

 

伊勢志摩サミットでVIPが宿泊する部屋は?

Sponsored Link

 

伊勢志摩サミットで各国首脳のVIPが召し上がられるお料理を想像していたら、ドンドン妄想が膨らみ、今度は一体どのような部屋に宿泊されるのかも気になっちゃいました^^;

 

志摩観光ホテルには先ほど少しご紹介したように、クラシックとベイスイートという2つのホテル棟があります。

 

クラシックの方は1961年に開業したホテルで、皇族の方々もご宿泊になる皇室御用達の伊勢志摩の迎賓館とも言えるホテルです。

 

5月に開催される伊勢志摩サミットでも、会議場はこちらのクラシックの方で議論が行われる予定です。

 

そして全室がオーシャンビューのベイスイートは、新館として2008年10月にオープンしています。

 

クラシックの方には洋室はもちろん、和室の客室も備えているのに対し、ベイスイートは50室あるすべての部屋が洋室のスイートルームになっています。

 

サミットの会合の後にVIPがご宿泊になるのは、こちらのベイスイートホテルと言われています。

 

全室がスイートルームなので、どの部屋にお泊りになられても問題ないのでしょうけれども、その中でもやはり特別室っていうのがありますよね^^

 

ベイスイートホテルで最上級の客室はロイヤルスイートで、バルコニー付きのお部屋の面積は210平方メートルもあるようです。

 

お部屋の定員は2名で、ベッドが2台置かれたベッドルームの他にリビングルームも2部屋

 

その他トイレも2箇所あり、バスルームやキッチンも備わっています。

志摩観光ホテル、ロイヤルスイート

画像引用元:http://www.news2u.net/releases/114284

 

ただG7では先進主要7カ国の首脳の他に、EUの委員会委員長や理事会議長さんもいらっしゃる予定なので、どう考えてもロイヤルスイートルームがそんなにたくさんあるとは思えませんね(笑)

 

 

その次に志摩観光ホテルで憧れるお部屋はコーナースイートと呼ばれる部屋です。

 

名前から想像してホテルの建物の一番角部屋だと思います。

 

この部屋の特徴は、英虞湾を望む素晴らしい眺望のオーシャンビューの窓が2面あるという点です。

 

これは角部屋の特権ですよね^^

 

部屋の面積はバルコニーを含めて110平方メートルです。

 

このコーナースイートは1階から3階の各フロアにありますが、それでも全てのVIPに1部屋ずつお泊りいただけるだけの部屋数はないはずです。

 

またなかなか日本では考えにくいですが、窓の数が多いということはそれだけ狙撃などのテロの脅威も増すはずなので、コーナースイートは使用されないかもしれませんね^^;

 

 

そこで一番可能性の有りそうなのが、スーペリアスイート・ツインもしくはスーペリアスイート・キングというお部屋

 

この2つの違いはベッドがツインか、キングサイズかという違いだけのようです。

 

伊勢志摩サミット時、各国首脳はそれぞれ一人ずつ別々のお部屋に宿泊されるはずなので、スーペリアスイート・キングにお泊りになるかもしれませんね。

志摩観光ホテル スーペリアスイート

画像引用元:https://www.rakudaclub.com/hotels/gallery.php?id=81201

 

スーペリアスイートは部屋の面積が100平方メートルで定員は2名

 

キングサイズのベットは横幅200cmで長さは203cmあるので、欧米の長身のVIPの方々でも十分なのではないでしょうか。

 

もちろんリビングルームとベッドルームは別々に用意されていて、どの部屋からも英虞湾の眺望が約束されています。

 

海外の人には人気の洗浄機能付きトイレはもちろん、ミニバーDVDプレーヤー加湿機能付き空気清浄機といった装備も付いているようです。

 

その他ルームサービスも充実しているので、ゆったりとした一夜を過ごされるのではないでしょうか^^

 

もしかするとこの日にはもっと特別な装備なども用意されるかもしれませんしね^^;

 

おそらく当日は伊勢志摩サミット出席の首脳だけでなく、政府関係者や警護のSWATや警察関係の人たちでクラシック、ベイスイートの両方のホテルが貸し切りになるはずです。

 

どんなお部屋か気になるあなたは、伊勢志摩サミット開催前に一足お先に志摩観光ホテルに宿泊してみてはいかがですか^^

 

この下の画像から楽天トラベルでも予約可能です。

 

 

その他志摩観光ホテルへのアクセス方法などは、ミエオのこちらの記事などを参考にしてみてください^^

 

伊勢志摩サミットの会場『志摩観光ホテル』と賢島の歴史紹介!

 

前回の北海道洞爺湖サミットや、その前の九州沖縄サミットの後に観光客のみなさんが増えたそうです。

 

伊勢志摩にも志摩観光ホテルだけでなく、たくさんに人に訪れていただけるようになると嬉しいな^^

 

是非あなたも英虞湾の夕日を見に賢島を訪れてみてくださいね。

 

【関連記事】

伊勢志摩の絶景スポットはやっぱり海!おすすめの展望台やルートは?

 

 

長文を最後までご一読いただきまして本当にありがとうございました。

 

Sponsored Link




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ