伊勢志摩サミット応援キリン一番搾りビールなどコラボ商品が続々登場!



Sponsored Link

 

伊勢志摩サミットの開催が間近に迫り、サミットとのコラボ商品や記念商品もドンドン増えてきましたね。

 

キリンビールからも伊勢志摩サミット応援商品として東海地区と近畿地方限定のキリン一番搾り生ビールが発売されています。

 

その他にもコラボ商品はいくつか発売されているようなので、早速調査してみたいと思います。

 

あなたも伊勢志摩サミット限定コラボ商品を購入して、伊勢志摩サミットを応援してみませんか?

 

 

伊勢志摩サミット応援キリン一番搾り生ビールが発売中!

伊勢志摩サミットキリン一番搾り

画像引用元:http://store.ponparemall.com/sake-king/goods/2900/

 

ミエオのサイトでも何度かご紹介させていただいている2016年のG7(先進7カ国首脳会議)

 

通称伊勢志摩サミットが、いよいよ5月26日・27日の両日に迫ってきました。

 

三重県内では道路のアチラコチラでサミット開催時の道路交通規制を促す電光掲示も見られ、いよいよ開催が近づいてきたことを感じさせてくれます。

 

それと同時に公共施設にはこれまで以上に伊勢志摩サミットを紹介するポスターやのぼり旗の数が増え、一般の商店などでも伊勢志摩サミットにちなんだコラボ商品なども並んでいるようです。

 

そしてあの人商品キリンビールさんの一番搾り生ビールにも伊勢志摩サミット応援商品として、肩ラベルに伊勢志摩サミットの文字と海女さんのデザインをあしらった瓶ビールと、同じく缶の下半分に大きく伊勢志摩サミットのデザインがあしらわれた缶ビールがコラボ商品として販売されています。

キリン伊勢志摩サミットビール

画像引用元:http://www.isenp.co.jp/news/20160310/news05.htm

 

キリン一番搾りといえば、47都道府県それぞれで、一番搾りプロジェクトとしてご当地限定ビールが販売されているようで、三重県にも「三重づくり」という一番搾りのビールが販売されています。

 

しかしこの三重づくりとは別に、今回伊勢志摩サミットの開催を記念したコラボ商品として新たにサミット応援商品という形で、中ビンの瓶ビールと350ml缶の缶ビールが発売されています。

 

地域限定のこの商品が販売されている県は以下の各県のようです。

 

・三重県全域

・愛知県、岐阜県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、滋賀県のホテルや飲食店など

 

ミエオ的には、出来れば47都道府県すべて販売して、伊勢志摩サミットをPRしていただきたかったんですけどね^^;

 

尚、この伊勢志摩サミット応援一番搾りは、売上1本毎に1円が伊勢志摩サミット三重県民会議に寄附されるそうです。

 

またお金の部分での応援だけでなく、ラベルにデザインされた海女さんや伊勢志摩の海産物に、「祝 伊勢志摩サミット開催」の文字を通じて県外や海外からのお客様にも広く伊勢志摩サミットをPRしていただく効果が期待されています。

 

更にはラベルの図柄を通して、伊勢志摩の海女さんや豊かな海の幸を広くPRするとともに、お酒の席でのおもてなしの一助になることも考えられた企画商品だそうですよ^^

 

【関連記事】

伊勢志摩サミットって何?会場のホテルや日程に振る舞い日本酒など!

 

 

まだまだある伊勢志摩サミットコラボ商品!

伊勢志摩サミット

画像引用元:http://trend-trend-hothot.com/post-609-609

 

2000年に日本で開催された九州沖縄サミットでは、その開催年号に合わせて「2000円札」が発行されましたね。

 

現在でも沖縄県ではかなりの枚数が流通しているようですが、沖縄県以外ではほとんど見かけなくなってしまいました^^;

 

九州沖縄サミットは東京以外の地方で初めて開催されたサミットだったので、盛り上がりも大きかったようですが、流石に伊勢志摩サミットでは新札の発行まではありません(笑)

 

しかし、地元三重県ではやはりこの機会を逃さず、広く県外や海外の人にも伊勢志摩や、広くは三重県全体の良さを知っていただこうと、いろいろとコラボ商品も誕生しているようです。

 

まずは株式会社コイサンズさんの製パンブランド「スペイン石窯パン 513BAKERY」から発売されている、その名もズバリ「みえパン」^^

 

このみえパンは2015年10月から毎月3種類ずつ、2016年4月までの7ヶ月間で全21種類が販売され、伊勢志摩サミット開催時の2016年5月にはこれら21種類すべてが一斉に販売されるという企画商品です。

伊勢志摩サミットみえパン

画像引用元:http://www.513bakery.jp/201509/4671

 

素材には三重県産の農林水産物にこだわり、伊勢エビを丸ごと粉末にしてパン生地に練り込んだ伊勢エビパンや、熊野市産の柑橘「新姫(にいひめ)」を使ったみえ新姫クリームパンなど、新鮮な三重県の食材がそのままパンに使われています。

 

また味だけでなく、形や色合いも素材を思わせる伊勢エビの形や、緑色の柑橘の新姫がそのまま再現されています。

 

みえパンはスペイン石窯パン 513BAKERYさんの以下の11店舗で販売中です。

 

・四日市菰野店(三重県三重郡菰野町福村95-6)

・鈴鹿店(三重県鈴鹿市庄野羽山4-20-9)

・津ヨットハーバー店(三重県津市柳山津興388-10)

・津高茶屋店(三重県津市高茶屋小森町4092-3)

・松阪川井町店(三重県松阪市川井町749-1)

・松阪高町店(三重県松阪市高町203-5)

・伊勢玉城店(三重県度会郡玉城町世古268)

・伊勢店(三重県伊勢市藤里町587-2)

・志摩鵜方店(三重県志摩市阿児町鵜方3016-18)

・桑名大山田店(桑名市五反田1880)

・四日市笹川通り店(四日市市日永西2-17-8)

 

以上の店舗情報はこちらのサイトから引用させていただきました。

⇒http://higashikishu-kousya.blog.jp/archives/5197714.html

 

 

最新の2016年4月のみえパン商品は、「みえ甘夏デニッシュ」と「みえタコのアヒージョフランス」「みえさばサンド」だそうです。

みえパン

画像引用元:http://www.koisans.co.jp/

 

アヒージョなんて、もうパンの域を超えちゃってますよね^^;

 

その他三重ブランドのお茶には「伊勢茶」がありますが、この伊勢茶とコラボしたのがコンビニチェーンのローソンさん!

 

こちらも毎月月替りで新商品が展開されていて、「伊勢茶のフォンダンショコラ」などが毎月最終の火曜日に新商品に入れ替わり、東海北陸エリアの1,370店舗のローソンで好評発売中です。

ローソン伊勢茶スイーツ

画像引用元:http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/2016010234.htm

 

ローソンさんもやはりサミット開催前までに全7種類の伊勢茶スイーツを発売され、伊勢志摩サミット開催月の5月には全7種類のスイーツを一斉販売される予定です。

 

まだすべての味の伊勢茶スイーツをコンプリート出来ていないあなたは、是非とも5月はお近くのローソンさんの店頭を覗いてみてください^^

 

更に肉まん・あんまんや、あずきバーで全国的にも有名な井村屋製菓さんからは「伊勢志摩サミット招福ようかん」が販売されています。

 

パッケージには伊勢志摩サミットの会場となる志摩市賢島の全景写真と、「伊勢志摩サミット 2016」の文字

 

更にはサミットに出席する7カ国の国旗とEUの旗がデザインされています。

 

1本58gのようかんが5本で税抜き500円とお手頃価格で、5本全て揃って前述の伊勢志摩サミットの図案が完成するように考えられています。

井村屋伊勢志摩サミットようかん

画像引用元:https://www.imuraya.co.jp/iseshima-summit/

 

その他にも井村屋さんからは伊勢志摩サミット応援商品がいくつか販売されていますので、ご興味のあるあなたはこちらの井村屋さんのホームページをご確認ください。

 

【関連記事】

伊勢志摩サミットで出される料理のメニューやシェフは?VIPの宿泊部屋は?

 

 

食べ物だけではない伊勢志摩サミット記念商品

Sponsored Link

 

当然ですが伊勢志摩サミットの開催を記念した商品は飲食物だけではありません。

 

日本郵便からは4月26日(火)に伊勢志摩サミット開催記念切手が発売されます。

 

伊勢志摩サミット特殊切手の詳細はこちら

 

82円切手が合計10枚で1シートになった特殊切手シートです^^

 

その他参加国の国旗と三重県の地図でG7の文字を模った記念メダルが税込1,080円で販売されている他、ピンズやキーホルダーなどの定番商品もしっかりと商品化されています。

伊勢志摩サミット記念メダル

画像引用元:http://g7iseshima.shop9.makeshop.jp/

 

あなたのお近くのお店でも、これらの伊勢志摩サミット応援コラボ商品が見つかるかもしれませんよ!

 

ちょっと試しにお店を覗いて回ってみるのも楽しいかもしれませんね^^

 

さて今夜の晩酌はキリン一番搾り伊勢志摩サミット記念缶で決まりですね(笑)

 

【関連記事】

伊勢志摩サミットの会場『志摩観光ホテル』と賢島の歴史紹介!

 

 

それでは今回の記事も最後までご一読いただきまして本当にありがとうございました。

 

Sponsored Link




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ