鳥羽市相差のはちまんかまどで海女小屋体験!場所やアクセス方法に料金は?



Sponsored Link

 

鳥羽市の中でも南鳥羽に位置する相差町

 

漁師と海女の町として有名です。

 

その相差町あさり浜で海女小屋体験ができるということで人気なのが「はちまんかまど」

 

海女小屋体験と言っても、別にあなたが海に潜るわけじゃあありません(笑)

 

海女さんが海に潜って採ってきてくださった新鮮な海の幸を、現役の海女さんたちが食べさせてくださいます。

 

現役海女さんの軽妙なお話も伺いながらの楽しいひと時!

 

ここまでの前フリで気になったあなたのために、はちまんかまどの場所やアクセス方法

 

またメニューや料金といった情報をお伝えしたいと思います。

 

鳥羽市相差町の海女

鳥羽市の海女

 

画像引用元:https://www.city.toba.mie.jp/

 

鳥羽市相差町は日本有数の海女の町として有名です。

 

現在も海女が活躍している国は日本と韓国(主に済州島)だけだと言われています。

 

日本では岩手県の久慈市から熊本県の天草市まで、約10地域で今も海女さんが海に潜られているようです。

 

しかしその海女さんも現在ではどんどん数が減っていっています(涙)

 

そんな中、最も多くの海女さんが現在も活躍されているのが伊勢志摩地方(鳥羽市・志摩市)です。

 

中でも鳥羽市の相差町は漁師と海女の町として有名で、町内で民宿を営まれている宿の多くは、女将さんが現役の海女としてご自分で採ってきた食材を提供されている民宿も少なくありません^^

 

 

現役海女が女将の宿

4名以上で宿泊するとお造りの舟盛りがサービスで付く太っ腹な民宿です^^

上の画像から楽天トラベルで予約可能です。

 

 

相差町には海女の町にふさわしく「相差海女文化資料館」があり、海女さんについて詳しく勉強することもできます。

 

そんな相差町には海女小屋も幾つかあり、観光客に海女小屋を体験してもらおうという施設もあります。

 

それが今回ご紹介する「はちまんかまど」です。

 

はちまんかまど

はちまんかまどの海女さんたち

画像引用元:https://www.youtube.com/

 

海女小屋のはちまんかまどさんをご紹介する前に、海女小屋ってなんだ?って言う方もいらっしゃるかもしれませんね^^;

 

海女小屋とは、まさしく海女さんが漁に出る前に着替えをしたり、

漁から上がって冷えた体を焚き火や温かい食べ物で温めたりする海辺の小屋です。

 

そして何より海女さん同士のおしゃべりと交流の場なんですよね^^

 

そんな海女小屋の雰囲気を体験できるのがはちまんかまどさんです。

 

伊勢志摩地方にははちまんかまどさん以外にも海女小屋体験施設があります。

 

志摩市の海女小屋「さとうみ庵」の豪快荒磯料理が絶品!料金やアクセス方法は?

 

志摩市へお出かけの場合は上記の「さとうみ庵」さんの情報もチェックしてみてくださいね^^

 

さて話をはちまんかまどさんに戻しましょう(笑)

 

はちまんかまどさんはテレビ番組の取材も多く、当然多くの芸能人や著名人も来店されています。

はちまんかまどのテレビ取材

画像引用元:http://amakoya.com/locasion2.htm

 

そのはちまんかまどさんではいくつかの「海女小屋体験コース」の中からご予算や体験内容(食材)を選ぶことができます。

 

海女さんのお話を聞きながら焼貝やお茶をいただくライトなコースから、

伊勢エビやアワビまでついたセレブなコースまでいろいろ。

 

気になるメニューや料金は後ほどご紹介するとして、まずははちまんかまどの住所やアクセス方法をご紹介いたします。

 

はちまんかまどのアクセス方法は?

あさり浜のはちまんかまど

画像引用元:http://www.barifuri.com/ 

 

では早速はちまんかまどさんの住所やアクセス方法をご紹介いたします。

 

【住所】

〒517-0032

鳥羽市相差町819

TEL:0599-33-1023

 

*この電話番号ははちまんかまどの予約電話番号で、兵吉屋というところへ繋がります。

 

 

【アクセス方法】

 

《電車》

電車の場合は、近鉄鳥羽駅で下車

その後「タクシー」「バス」「レンタカー」のいずれかになります。

 

バスをご利用の場合は鳥羽駅前から国崎(くざき)行きに乗車

畔蛸口(あだこぐち)停留所下車です。

 

レンタカー利用の場合は、以下のマイカーでのアクセス方法を参照願います。

 

《マイカー》

伊勢自動車「伊勢IC」を通過後、直進して伊勢二見鳥羽ライン(有料道路)に入ります。

 

終点まで進み、国道42号線に乗ると近鉄鳥羽駅前に至ります。

 

鳥羽水族館前を通過し、県道750号線を経由してパールロードシーサイドラインに入ります。

 

鳥羽展望台を横目に相差インターを目指してください^^;

 

伊勢志摩の絶景スポットはやっぱり海!おすすめの展望台やルートは?

 

相差インターを降りて県道47号線を海側(相差町方面)へ!

 

長岡屋石油店というENEOSのガソリンスタンドが現れるまで直進です。

 

そのENEOSのガソリンスタンドを過ぎた直ぐを右折します。

 

その後道なりに進むと浅利(あさり)ケ浜という海岸線に沿ったT字路(堤防)に出ます。

 

この堤防道路を右折して約50mではちまんかまどさんに到着です。

 

はちまんかまどのGoogleマップ

 

相差町内でENEOSのガソリンスタンドを見つけるのが一番大変かもしれませんが、最大の目印でもあります^^;

 

後、浅利ケ浜へは、そのENEOSのガソリンスタンドのすぐ横の道を入るので、交差点を通り過ぎないように注意してください。

 

 

はちまんかまどのメニューや料金は?

Sponsored Link

 

最後に最も気になるはちまんかまどさんの海女小屋体験の各コースの料金をお知らせしたいと思います。

 

コースは全部で4コースあるようです。

*申込人数によって一人あたりの料金が増減します!

 

以下

①コース名

②体験時間

③料金(税別の1人分の料金を表示)

④メニュー

⑤特記事項(全コース共通の注意事項は末尾に記載)

 

海女の話を聞くティータイム体験

②50分間

・4名以上:2,000円

・3名以下:3,000円

④焼貝など(大アサリ、サザエ、魚の干物など)をおやつにお茶をいただきます。

ティータイム体験コース

画像引用元:http://amakoya.com/taiken.htm

⑤14:00以降の利用です。

 

海女小屋料理体験

②75分間

・4名以上:3,500円

・3名以下:5,000円

・活きサザエ:3個

・大アサリ:3個

・桧扇(ひおうぎ)貝:2個

・鯛の刺身

・ひじきの煮物

・伊勢エビ汁

・ご飯

海女小屋料理体験コース

画像引用元:http://amakoya.com/taiken.htm

⑤オプションで伊勢エビやアワビも追加可能

 

海女小屋体験セレブ気分コース

②75分間

・4名以上:6,000円

・3名以下:7,000円

・伊勢エビもしくはアワビ:1個

・活きサザエ:2個

・桧扇貝:2個

・大アサリ:3個

・鯛の刺身

・ひじきの煮物

・伊勢エビ汁

・ご飯

・フルーツ

海女小屋体験コース料理

画像引用元:http://amakoya.com/taiken.htm

 

海女小屋体験まるでセレブコース

②75分間

・4名以上:8,000円

・3名以下:9,000円

・伊勢エビ:1個

・アワビ:1個

・活きサザエ:2個

・桧扇貝:2個

・大アサリ:2個

・鯛の刺身

・ひじきの煮物

・伊勢エビ汁

・ご飯

・フルーツ

セレブコース

画像引用元:http://amakoya.com/taiken.htm

⑤季節によってはまるでセレブ気分コースに変更される場合あり

 

【全コース共通の注意事項】

・利用日の2日前までに予約が必要です。

はちまんかまどの予約サイト

 

・料理のメニューは季節によって旬の食材に変更される場合があります。

・台風などの荒天時は時間の変更、もしくは中止になる場合があります。

・海女漁の都合で時間が多少ズレる場合があります。

・前日までのキャンセル料は必要ありませんが、当日のキャンセルはキャンセル料100%です。

 

各コースとも観光用のショーを行う海女さんではなく、本当の海女さんが海女小屋のかまどを囲み

海女の暮らしや素潜りの実体験、海女文化などの貴重なお話を聞かせてくださいます。

はちまんかまどの海女さんのお話

画像引用元:https://www.tripadvisor.jp/

 

あなたがもしお伊勢さんへ参拝された後にはちまんかまどさんへ立ち寄られるとすると、

日本の歴史の原点とも言うべき伊勢神宮と世界最古のキャリウーマンと言われる海女の文化

 

その2つの歴史体験をすることができるはずです^^

 

伊勢神宮の穴場スポットと歴史は?おかげ横丁やおはらい町のアクセスは?

 

いつもはお伊勢参りの帰りにおかげ横丁でお腹を満たして帰られているあなたも、

次回のお伊勢参りの際には鳥羽まで足を伸ばし、とれたての新鮮な海鮮を召し上がってみてはいかがですか(^^)

 

 

女将2代が現役海女で、名湯七栗の湯で有名な榊原温泉の湯に浸かれるこちらの民宿

上の画像から楽天トラベルでも予約できます。

 

それでは今回の情報にもご興味をお持ちいただきまして本当にありがとうございました。

 

Sponsored Link




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ