五桂池ふるさと村の高校生レストラン「まごの店」が超人気!場所やメニューは?



Sponsored Link

 

あなたは2011年にTOKIOの松岡昌宏さんの主演で放送された日本テレビの連続ドラマ「高校生レストラン」というテレビドラマを覚えていらっしゃいますか?

 

もう既に記憶の彼方へ飛んじゃってましたか(笑)

 

実はあのドラマのモデルになった高校生レストランや、松岡さんが演じられた先生は三重県に実在するレストランや先生を描いたドラマでした。

 

五桂池ふるさと村という公園施設内にある高校生レストラン「まごの店」は、県内では知らない人はいないのでは?というほど有名です。

 

そのため超人気で即完売の人気店です^^

 

現役高校生が調理実習の一環として運営している高校生レストラン「まごの店」

 

その気になるメニューや場所、アクセス方法といったことをご紹介していきたいと思います。

 

 

高校生レストラン「まごの店」

高校生レストラン「まごの店」

画像引用元:http://4travel.jp/travelogue/10729143

 

三重県内にお住まいの方であれば「高校生レストラン」と聞けば「まごの店」と答えられる人が大半だと思います。

 

しかし県外の人にとって「高校生レストラン」とお聞きになって連想されるのは、日本テレビ系で2011年に放送されたテレビドラマ「高校生レストラン」かも知れませんね。

 

主演はTOKIOの松岡昌宏さんでした。

 

その松岡さん演じる村木先生に指導を受ける新米料理人の高校生役には、今をときめく能年玲奈さんや川島海荷さん、神木隆之介さんなどのフレッシュだった顔ぶれが懐かしく思い出されますね^^

 

松岡昌宏さんの演じた村新吾先生は実在の人物をモデルにされていて、本当の先生のお名前は村新吾先生とおっしゃいます。

 

ドラマの中で村木新吾の妹、遥役は吹石一恵さんが演じていらっしゃいましたが、その吹石さんは昨年福山雅治さんと結婚され、本当に時の流れの速さを感じてしまいました^^;

 

ちょっとお話が脱線してしまいましたが、このドラマの舞台となった三重県立相高校も実在の高校がモデルですが、本当の学校名は相(おうか)高校です。

 

先生のお名前も学校名も一字だけ違えてありました(笑)

 

とまあ、今回はドラマの方のお話ではなく、三重県に実在する三重県立相可高等学校の食物調理科のみなさんが実際に運営されている高校生レストラン「まごの店」のお話をしてみたいと思います。

 

県立相可高校は多気郡多気町というところにあります。

 

その同じ多気町には五桂池という江戸時代に作られた、三重県内では最大の人工池があります。

 

この五桂池は当初は農業用の溜池として作られましたが、今では池にはボートが浮かび、周辺にはふるさと村と呼ばれる農業公園施設が整備され、休日になると家族連れやカップルで賑わう観光スポットになっています。

五桂池ふるさと村

画像引用元:http://www.15emit.net/?p=7464

 

この五桂池ふるさと村には花と動物ふれあい広場というミニ動物園もあり、その他ふるさとの家というロッジ形式のキャンプ場やバーベキュー広場なども完備されています。

五桂池ふるさと村のボート

画像引用元:http://find-travel.jp/article/5244

 

また五桂池周辺には多くのみかん畑が広がり、シーズンにはみかん狩りを楽しむ観光客のみなさんでも大変賑わいます。

 

そして今やこの五桂池ふるさと村の最大の目玉が県立相可高校のみなさんが運営されているまごの店です。

 

まごの店ってちょっと変わったネーミングのお店だとは思いませんか^^

 

実はこの五桂池ふるさと村には、まごの店が出来る以前から、地元の農家のご婦人(おばあちゃん^^)たちが農産物の直売をされている「おばあちゃんの店」という特産品販売所がありました。

おばあちゃんの店

画像引用元:http://sanchoku55.com/mie/sanchoku/211/

 

高校生レストラン「まごの店」は、このおばあちゃんの店から食材の供給を受けて調理をしているために「まごの店」というネーミングにされたそうです。

 

高校生レストラン「まごの店」は相可高校と多気町、そして五桂池ふるさと村のいわゆる産官学が協同で立ち上げた全国的にも珍しい高校生のための調理実習施設です。

 

 

まごの店が超人気で波及効果も!

まごの店超人気

画像引用元:http://ise-shima-news.blog.so-net.ne.jp/2016-03-11

 

元々地元では有名だった高校生レストラン「まごの店」ですが、テレビドラマ化されて更に人気に火がつき、今では県内屈指の人気店です。

 

ただ相可高校のみなさんの名誉のために断っておきますが、ドラマ化されて人気が出たのではなく、元々人気店で素晴らしい取り組みをされていたからこそドラマになったんですからね^^

 

さて、そんな話はさておき、この高校生レストラン「まごの店」は事前に予約をすることが出来ません^^;

 

従って運が悪ければ行っても売り切れで食べられないこともあります。

 

また運営されているのが学生さんなので、テスト期間中などの本業(お勉強ですね)が忙しい時には臨時休業になっちゃいます^^;

 

それでも営業日には県内外から多くのお客さんが行列を作って開店を待ちわびていらっしゃいます。

 

そうなると当然波及効果というものも生まれ、まごの店に食材を供給しているおばあちゃんの店へのお客さんも増え、五桂池ふるさと村へお出掛けになる観光客も増えています^^

 

いろいろな観光地で観光客の減少に苦慮されている自治体も多いようですが、このまごの店はそうした観光客誘致の一つのモデルにもなりそうですね。

 

あなたも伊勢志摩サミットで注目を集める三重県へのご旅行を計画されているようでしたら、是非ともランチは高校生レストラン「まごの店」をご利用になられてはいかがですか!

 

では次のコーナーではその高校生レストラン「まごの店」で提供されているメニューや営業日

 

まごの店の場所やアクセス方法といった詳細をご報告させていただきますね。

 

 

高校生レストラン「まごの店」の営業案内とアクセス方法など

Sponsored Link

 

まずまごの店の営業日ですが、土曜・日曜・祝日のみの営業です。

 

だって学生さんが運営されているので平日は学校の授業がありますからね^^

 

更に先ほども少し触れましたが、期末テストなどの定期試験期間中などはお休みになります。

 

また台風の接近など、気象状況によっても営業休止になるのは学生のみの安全を考えても致し方ないところですよね。

 

もっとも台風の最中に五桂池ふるさと村へお出掛けになる人もいないとは思いますが^^;

 

その他にも、体育祭や文化祭、修学旅行等々、当然学校なので各種学校行事があります。

 

そういった学校行事と重なる日もお休みです。

 

営業時間は開店が10:30で、メニューが売り切れ次第閉店です。

 

実はまごの店には「まごの店Sweete」というスイーツ専門店もあります。

 

こちらは土曜日のみの営業で、10:00開店です。

 

その他臨時休業などはまごの店と同様です。

 

次にまごの店のメニューですが

 

・花御膳:まごの店の定番の人気メニューで、一番最初に売り切れになるメニューですね。

 

・まごの店定食:地産地消のまごの店ならではの、伊勢芋をおうどんの麺の中に練り込んだ人気メニューです。

       お店の名前がメニューに付けられていることからも、学生さんたちの力の入れようが分かる一品です^^

 

・お茶漬け定食:これまた絶品の一品です。

       名前はお茶漬けですが、何と松阪牛や鯛に鰹だしをかけていただくという贅沢なお茶漬けなんですよ。

 

・とろろ定食:こちらは季節限定メニューです。

      地元(多気町)産の伊勢芋を使った栄養価の高いとろろ定食です。伊勢芋は多気町の特産品でもあります。

 

以上の4品が基本的なメニューですが、とろろ定食は季節によってメニューから外れることもあります。

まごの店メニュー

画像引用元:http://freely.red/magonomise

 

また学校行事などで生徒さんの人数が少ない時にはメニューを絞って営業されることもあるようです。

 

詳しい営業日などはこちらの相可高等学校食物調理科ホームページでご確認ください。

 

続いて高校生レストラン「まごの店」(五桂池ふるさと村)の場所ですが、住所は

 

〒519-2174

三重県多気郡多気町五桂956

 

アクセス方法ですが、最寄りの鉄道駅はJR紀勢本線の多気駅です。

 

ですが、多気駅からまごの店までは車でも15分ほど掛かるので、タクシーのご利用をお勧めいたします。

 

マイカーでお出掛けの場合は伊勢自動車道の勢和多気ICから車で10分ほどです。

 

勢和多気ICを降りて国道42号線を少し松阪市方面へ北上すると五桂池への案内板が出てきますので、表示に従って運転してください。

 

その後五桂池の周囲を走る道路を道なりに進んでいただくとふるさと村に到着いたします。

 

お出掛けになる前にもう一度日本テレビで放送されたドラマの「高校生レストラン」をレンタルビデオなどで観てから来店されるのも面白いかも知れませんね^^

 

伊勢志摩サミットの開催で今、三重県の観光地としては伊勢市や志摩市、鳥羽市などが人気ですが、多気町には五桂池ふるさと村以外にも楽しいところがたくさんあります。

 

特にお勧めなのがコケコッコー共和国

 

いわゆる鶏を平飼いにしているところですが、ここでいただく卵かけごはんが絶品です。

 

もし運悪くまごの店でメニューがSOLD OUTだった場合には、コケコッコー共和国に足を伸ばしてみるのもいいですよ。

 

そして疲れた体を癒やすには天然温泉「多気の湯」や、お隣の多気郡大台町の「奥伊勢フォレストピア」の温泉などがお勧めです。

 

伊勢志摩以外にものんびりとした休日を過ごせる穴場のスポットの多い三重県へ是非出掛けてみてくださいね^^

 

 

それでは今回の記事も最後までお読みいただきまして本当にありがとうございました。

 

Sponsored Link




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ