伊勢志摩エバーグレイズはコールマン提携のキャンプ場!ペットや割引は?



Sponsored Link

 

三重県内にも自然豊かな素晴らしいキャンプ場がたくさんあります。

 

そんな中から今回はあのコールマン社とも提携している伊勢志摩エバーグレイズというキャンプ場をご紹介してみたいと思います。

 

いよいよキャンプシーズン到来で、どこかいいキャンプ場はないかとお探し中のあなたにもおすすめのキャンプ場です。

 

伊勢志摩エバーグレイズの誇るグランピングとは何か?

 

またペットは連れていけるのか?

 

利用料金や割引サービスの有無。

 

場所やアクセス方法といった基本情報までまとめてお届けしてみたいと思います。

 

今年キャンプデビューを考えているあなたにもピッタリの、伊勢志摩エバーグレイズ

 

ご興味があれば是非最後まで読み進めてくださいね!

 

 

あのコールマン社とも提携している伊勢志摩エバーグレイズキャンプ場

コールマンサイト

画像引用元:http://www.bbqgo.jp/spot/id=522

 

三重県は南北に長く、東側は全て伊勢湾や太平洋の海に面した地形です。

 

そのためとてもキレイな海の景色を楽しめるキャンプ場が幾つもあります。

 

また同じく澄み切った空気の山や、水の綺麗な川べりのキャンプ場もあり、大自然を感じる素晴らしいキャンプ場には事欠きません。

 

そんな多くのキャンプ場の中から、今回は伊勢志摩エバーグレイズキャンプ場をピックアップしてご紹介してみたいと思います。

伊勢志摩エバーグレイズ

画像引用元:http://www.tjk.gr.jp/hoyojo/hojo/iseshima.html

 

当サイトが三重県の中でも特に伊勢志摩地域を中心に情報をお届けしているので、今回はキャンプ場の名前にも伊勢志摩が冠されたエバーグレイズさんをご紹介しますが、今後も機会を見て他のキャンプ場などもご紹介していきたいと思っています。

 

また伊勢志摩エバーグレイズは数多い三重県内のキャンプ場の中でも、設備やアクティビティが非常に充実して、キャンプ場を紹介する雑誌や、県外からお越しいただくキャンパーにも非常に人気で、評価の高いキャンプ場です。

 

そしてそれを証明するかのように、伊勢志摩エバーグレイズはあの世界的に有名なアメリカのキャンプ用品メーカーであるコールマン社と提携もされています。

コールマンツーバーナー

画像引用元:http://mickeyoh.naturum.ne.jp/e1660245.html

 

少しでもキャンプにご興味のある方であれば、コールマン社は今更説明の必要もないと思います。

 

1900年にアメリカのオクラホマ州でガソリンランプを販売する会社として創業されたのがコールマン社です。

 

そのコールマン社とコラボレートしている伊勢志摩エバーグレイズでは、宿泊者限定ですが現地でコールマン製品を特別価格で購入することも出来ます。

伊勢志摩エバーグレイズのコールマン

画像引用元:http://www.everglades.jp/campaign/sale.html

 

もちろん伊勢志摩エバーグレイズで実際にキャンプ場のコールマン製品を使ってみて、購入するかどうかを判断することも出来ます。

 

キャンプ用品メーカーも非常にたくさんありますが、まずこれからキャンプ道具を揃えようと思ってい人ならコールマン製品を選んでおけば間違いないので、そのコールマン製品を実際に使って試せるのは無駄な出費を抑えるためにも持って来いですよね^^

 

ちなみにミエオもいくつかのコールマンアイテムのお世話になっていますが、品質には満足しています。

 

あっ!

 

別に私はコールマン社の回し者ではありませんからね(笑)

 

【関連記事】

伊勢志摩サミット開催の三重県!美し国や御食つ国って何?

 

 

伊勢志摩エバーグレイズのグランピングって何?

グランピングの夜

画像引用元:http://by-s.me/article/147887997495771542

 

キャンプといえば大自然の中に自分たちでテントを張って、思い思いの食材でBBQやダッジオーブン、燻製料理などを楽しみ、夜は焚き火を囲んで星空を肴にお酒を飲む。

 

まあ、ミエオはお酒が飲めないのですが、キャンプの醍醐味はこんなところではないでしょうか^^;

 

でも、本格的にキャンプを楽しむとなるとテントやシュラフ

 

ストーブにランタン、テーブルにといろいろと出費もかさみます(涙)

 

しかも実際にキャンプに出かけるのは1年に1~2回なのに、出掛ける度にドンドンアイテムだけは増えていく(^^;;

 

取り敢えず手ぶらで一度アウトドアを体験してみたい!

 

そんなあなたにおすすめなのが伊勢志摩エバーグレイズのグランピングです。

 

ちょっと聞き慣れない言葉ですよね。

 

グランピングとは「グラマラス」と「キャンピング」を合わせた造語だそうです。

 

伊勢志摩エバーグレイズのグランピングは、テントを張って寝食を行う本来(?)のキャンプではなく、自然の中で高級ホテル並みにリッチに優雅に過ごすアウトドア体験といった感じです。

 

伊勢志摩エバーグレイズ最大のアクティビティはカナディアンカヌーですが、グランピング用のコテージはちょうど湖畔のカヌー用のボートハウスのようなイメージです。

 

グランピングハウスの中にはセミダブルベッドやハンモックもあり、お風呂もちゃんも付いています。

 

湖に突き出したオープンデッキにはテーブルも用意され、大自然や満天の星空を眺めながら食事を摂ることが出来ます。

グランピングでの食事

画像引用元:http://by-s.me/article/43548270495253360

 

その食事もステーキを焼く本格的なアメリカンBBQの夕食と、デザートにはキャンプの定番の焼きマシュマロ付きです。

 

調味料もお好み合わせて岩塩やグリーンバターなど各種揃っていて、本当に全くの手ぶらで出掛けられます。

 

朝食もサンドイッチとコーヒーやソフトドリンクがセットになっているので、食事の心配は全く必要ありません^^

 

昼間はのんびりとカヌーでプチ冒険旅行を楽しんだり、直ぐ目の前の志摩スペイン村パルケエスパーニャへ繰り出すのもいいですね。

 

伊勢志摩エバーグレイズに宿泊すると、そのパルケエスパーニャをちょっぴりお得に利用できる割引優待券も購入できます。

 

志摩スペイン村の割引券はある?アクセス方法やお勧めのアトラクションは?

 

 

グランピングにはカリブサファリテントという2つのタイプがあります。

グランピングカリブ

画像引用元:http://iseshima.keizai.biz/headline/photo/2302/

 

サファリテントは名前はテントでも立派なコテージ風の建物で、リビングやキャノピーベッドなども装備されているので、カリブ同様どちらのタイプを選んでもリッチで優雅なひとときを過ごせることは間違いありません^^

グランピングサファリテント

画像引用元:http://www.bbqgo.jp/spot/id=522

 

もちろん伊勢志摩エバーグレイズにはグランピング以外にも通常のテントサイトやトレーラーホームなどもありますからね(^^)

 

【関連記事】

タラサ志摩のタラソテラピーは極上エステ!場所や日帰りプランの料金は?

 

 

伊勢志摩エバーグレイズってペットは連れていけるの?

Sponsored Link

 

ご自宅でペット(ワンちゃん)を飼っている人にとって、キャンプ場に愛犬を連れていけるかどうかは気がかりな問題ではないでしょうか?

 

伊勢志摩エバーグレイズにはドッグランもあり、基本的にペット(犬)も一緒に楽しめます。

ドッグラン

画像引用元:http://www.pet-jp.info/?p=3418

 

ただ、ペットと一緒に入場できるサイトやエリアに制約があり、先ほどのコーナーでご紹介したグランピングエリアへのペットの連れ込みは出来ません。

 

また噛み癖や、他人を見ると吠える犬。

 

ドーベルマンや大型犬など他の利用者の方に威圧感を与えるような犬種も入場制限があります。

 

ドッグラン以外では常にリードを付けていて、フンの始末なども当然飼い主の仕事です。

 

ペットの連れ込みには事前予約が必要なので、愛犬と一緒に利用したい場合には予約時にペットのルールについて、事前に詳しく担当者の方に説明を聞いて確認しておいてくださいね。

 

【関連記事】

合歓の郷の子連れで遊べるアクティビティや温泉は?場所とアクセス方法も!

 

 

伊勢志摩エバーグレイズに割引サービスはあるの?利用料金やアクセス方法など

伊勢志摩エバーグレイズのコテージ

画像引用元:http://www.bbqgo.jp/spot/id=522

 

最後に伊勢志摩エバーグレイズをご利用されるにあたっての利用料金や予約方法。

 

また場所やアクセス方法といった基本情報をお伝えしたいと思います。

 

まず利用料金ですが、伊勢志摩エバーグレイズでは季節や週末、大型連休などで料金体系が違い、バリューシリーズレギュラーシーズンオンシーズントップシーズンと細かく分かれています。

 

またキャンプ場には通常のテントサイトの他に、キャビンやトレーラーホームがあり、グランピングにも先ほどご紹介したようにサファリテントタイプとカリブタイプの2種類があります。

 

したがって料金体系が複雑なので、詳しい利用料金はこちらの伊勢志摩エバーグレイズ料金表サイトページにアクセスしてご確認をお願い致します。

 

伊勢志摩エバーグレイズは施設が充実している分、通常のテントサイトでも他のキャンプ場よりも若干割高です^^;

 

テントサイトは電源付き

 

洗い場には給湯設備があってお湯が使え、ハンドソープまで完備。

 

トイレは温水ウォシュレットで、おまけに冷暖房完備とちょっとキャンプ場とは思えないような高規格です^^;

 

大自然の懐に抱かれて眠りたいというアウトドア派のキャンパーにはお勧めできませんが、都会の喧騒を離れてちょっと優雅にアウトドア体験をしてみたいという方にはピッタリのキャンプ場です。

 

最初のコーナーでご紹介したコールマンとのコラボサイトであれば、無料でコールマン製品を貸し出してもらえるので、本格的なアウトドアキャンプの予行練習も出来ます^^

 

とは言っても出費は少しでも抑えたいものですよね。

 

という訳で何か割引サービスがないか調べてみました。

 

伊勢志摩エバーグレイズにはポイントクラブというサービスが有り、入会金500円が必要ですが、次回の利用からサイト使用料金が10%オフになるようです。

 

またポイントクラブに入会すると、通常の予約開始(利用日の3ヶ月前から)よりも1ヶ月早く優先予約が出来たり、利用回数に応じてポイントが貯まり、プレゼントが貰えるなどのサービスがあります。

 

ただ繁忙期は割引対象外になるなど一部制約がありますので、ポイントクラブ入会時に直接担当者にご確認ください。

 

伊勢志摩エバーグレイズの予約にはネットによるオンライン予約と電話予約の2種類の方法があります。

 

オンライン予約の方はこちらのサイトから!

 

電話予約の場合の電話番号は「 0120-592-364 」

 

一般予約の受付開始はご利用日の3ヶ月前からです。

 

ポイントクラブに入会するとご利用日の4ヶ月前から予約が可能です。

 

続いて伊勢志摩エバーグレイズの所在地ですが、住所は

 

〒517-0213

三重県志摩市磯部町穴川1365-10

TEL:0120-592-364

 

次にアクセス方法ですが、電車でお出掛けの場合は近鉄志摩線の穴川駅で下車し、徒歩約10分

 

もしくは志摩磯部駅からタクシーをご利用いただくと5分ほどです。

 

次はマイカーで出掛ける場合のアクセス方法です。

 

伊勢自動車道の伊勢ICを過ぎると、一部県道37号線を経由して有料道路の伊勢二見鳥羽ラインに直結します。

 

その後松下JCTから第二伊勢道路に乗り換え、白木まで進むと国道167号線で志摩市方面へ進みます。

 

そして「伊勢道路入り口」という信号で県道51号線に乗り換え、近鉄志摩磯部駅前を通過して近鉄穴川駅前で志摩スペイン村方面へハンドルを切ると直ぐです。

 

もう一つのルートとしては伊勢自動車道から同じく伊勢二見鳥羽ラインで終点鳥羽まで進み、そのまま鳥羽市内を抜けるとパールロードシーサイドラインに至ります。

 

パールロードシーサイドラインは志摩スペイン村に直結していますので、志摩スペイン村を過ぎたところで県道51号線を穴川駅方面へ進むと同じく伊勢志摩エバーグレイズに到着できます。

 

伊勢志摩エバーグレイズのGoogleマップ

 

 

伊勢志摩エバーグレイズキャンプ場は志摩スペイン村の目と鼻の先にあるので、パルケエスパーニャとセットで楽しんだり、伊勢志摩サミットの会場となる賢島への拠点にして志摩市を観光されるにも便利なところです。

 

ただ一点ご注意いただきたいのは、2016年5月の下旬には伊勢志摩サミットが開催されますので、5月中旬くらいからはいろいろと交通規制が敷かれるものと思います。

 

伊勢志摩サミットの交通規制で近鉄の運休は?代替輸送はあるの?

 

先程ご案内したルートが通行できなかったり、渋滞が発生したりすることも予想されますので、この時期にお出かけされる場合には交通情報などで事前にご確認をお願いします。

 

伊勢志摩エバーグレイズでのアウトドア体験が、あなたにとって素晴らしいキャンピングライフの入り口になるといいですね^^

 

【関連記事】

志摩スペイン村の割引券はある?アクセス方法やお勧めのアトラクションは?

 

 

今回の記事も最後まで読み進めていただきまして本当にありがとうございました。

 

Sponsored Link




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ